937Tアイソレータバリア

937Tアイソレータバリアでは、ガルバニ光絶縁またはトランス絶縁を使用します。これらのモジュールは、制御システムから電気的に分離された本質安全回路内にインターフェイスを搭載しています。絶縁バリアの主なメリットは、モジュールと本質安全デバイスの間の接地が不要になることです。幅12.5mm (0.5インチ)と20mm (0.8インチ)のいずれかを選択できます。

Bulletin 937Tアイソレータバリア
  • 概要
  • 製品の選択
  • 仕様
  • 資料
  • リソース
  • アプリケーション

特長

  • 動作継続中に統合診断を使用して、簡単な保守およびモジュールの迅速な変更が可能
  • DIPスイッチまたはフィールド・デバイス・ツール・ソフトウェアを使用して、簡単に構成可能
  • 幅広い規格(SIL 3まで)への準拠により、簡単に信頼性の高いプランニングおよび資料作成を実現
  • 動作定格の低減なしで水平または垂直に取付け可能
  • フィールド回路のラインフォルト検出
  • パワーレールで、配線の低減、エラーメッセージの一斉管理、効率的なトラブルシューティングおよびインストレーションを実現

補足情報

本質安全回路の基礎を理解するとともに、Bulletin 937本質安全モジュールが危険な領域における課題に対しいかに費用効率の高いソリューションを提供するかをご覧ください。

認可

Bulletin 937Tアイソレータバリアの製品番号から認可情報のリストを確認し、リンクを使用して認可資料のPDF版を入手できます。

製品の認可

製品にマークのある認可を受けています。適合宣言書、認可、およびその他の認定の詳細は、「Product Certification」サイトをご覧ください。

必要な情報が見付からない場合

さらに多くの言語で提供されている技術資料や販促資料を検索する場合は、文書ライブラリをご覧ください。

構成ツールおよび選択ツール

  • CrossWorks: 競合製品のカタログ番号をAllen-Bradley®の類似製品に変換できます。
  • ProposalWorks — 詳細な見積と提案を作成できます。

その他のリソース

  • 調達仕様書 — この製品の調達仕様書を見るには、当社のオンラインリソースをご利用ください。
  • ナレッジベース — 当社のオンラインリソースにアクセスし、技術情報の入手、サポートチャットやサポートフォーラムの利用、ソフトウェア更新プログラムのダウンロード、および「製品に関する通知書」や「製品安全の状況報告」の確認を行なうことができます。


アプリケーション

ツェナーバリア本質安全モジュールは、以下を含むクラス1、ディビジョン1 (ゾーン0および1)の危険な領域を伴うアプリケーションで使用されます:

  • 化学
  • 石油化学
  • 石油およびガス

基本コンポーネントの導入事例 — 当社の事例サイトで、Allen-Bradleyのコンポーネントがどのように利用されているかをご覧ください。