本質安全モジュール

本質安全モジュールは、トランスミッタ、ソレノイド、近接センサ、密封構造アセンブリなど本質安全に適合する機器を制御システムに接続します。本質安全アプローチを採用すると、クラスI、ディビジョン1 (ゾーン0および1)の危険な領域における他の保護/軽減戦略よりも高い費用効率が実現します。

Bulletin 937Cコンバータバリア

937Cコンバータバリア

Bulletin 937Cコンバータバリアは、危険な領域の計装(温度センサ、ロードセル)から信号を受信して、業界標準の信号(0/4~20mA、0/2~10Vなど)に変換することによって、アイソレータの機能を強化します。パルス評価ユニットは、入力時の周波数信号を処理します。リード・フォルト・モニタ・システムは、信号ケーブル内のリード線の破損や短絡を通知します。


Bulletin 937Tアイソレータバリア

937Tアイソレータバリア

937Tアイソレータバリアでは、ガルバニ光絶縁またはトランス絶縁を使用します。これらのモジュールは、制御システムから電気的に分離された本質安全回路内にインターフェイスを搭載しています。絶縁バリアの主なメリットは、モジュールと本質安全デバイスの間の接地が不要になることです。幅12.5mm (0.5インチ)と20mm (0.8インチ)のいずれかを選択できます。


Bulletin 937Zツェナーバリア

937Zツェナーバリア

Bulletin 937Zツェナーバリアは、危険な領域内の電気信号を保護します。このバリアの特長は、わずか12.5mmの薄型で制御盤スペースを最大限に制御することです。さらに、許容範囲を超える高エネルギーが安全な領域から危険な領域に伝達されないようにします。ツェナーバリアは正極性を有するため、ツェナーダイオードの陽極が接地されます。アプリケーションに応じて、直列接続または並列接続の本質安全パラメータを増減させることができます。