存在検知安全装置

存在検知安全装置は、危険な領域に近づく物体や人の位置を検出します。

ライトカーテン安全装置

セーフティ・ライト・カーテン

セーフティ・ライト・カーテンは、ライトカーテンの検知フィールド内に物体が存在するかどうかを検出する光電存在検知安全装置です。機械の危険防止アプリケーションにおいて、作業員の指や手、四肢または全身に危険が及ばないよう存在を検出するために広く使用されています。ライトカーテンは、AOPD(能動的光電保護装置)としても知られ、最適な安全性を実現します。これらの製品は、作業員が危険な作業場所に頻繁かつ簡単にアクセスできる必要があるアプリケーションに適しています。


Bulletin 442L SafeZoneセーフティ・レーザ・スキャナ

セーフティ・レーザ・スキャナ

SafeZone™セーフティ・レーザ・スキャナは、切換えと構成変更が可能なフィールドセット(警告と安全)を備えたコンパクトな装置です。各スキャナに付属しているSafety Configuration and Diagnostic (SCD) Windows®ソフトウェアを使用することで、SafeZoneセーフティ・レーザ・スキャナのプログラミング作業を簡略化できます。プログラマは構成ウィザードを使用することにより、シンプルなシステムでも複雑なシステムでも簡単に構成できます。


Bulletin 442L Guardmaster SC300手検出セーフティセンサ

手検出セーフティセンサ

Guardmaster™ SC300手検出セーフティセンサは、画像処理技術に基づくコンパクトサイズのセーフティ・センサ・システムです。このシステムの検知機能は、背景として設定したパッシブパターン(縞模様などの規則的な配列)上の単一2次元画像を検出する単独画像検出装置により実行されます。この装置では、そのパターンの遮蔽を2次元イメージで検出することで物体を検出します。


Bulletin 440F MatGuard安全マット

セーフティマット

Bulletin 440F MatGuard™セーフティマットは、検知面の上に人が存在しているかどうかを検知するための、感圧保護製品です。このマットには導電性の強化鋼板が2枚使用されており、非導電性の圧縮可能な隔離材で隔てられています。標準の構成変更可能マットおよびカスタムマットが提供されています。どちらのマットも、オプションで端を整えることができます。


Bulletin 440F Safedgeセーフティ・エッジ・プロファイル

セーフティ・エッジ・プロファイル

Bulletin 440F Safedge™セーフティ・エッジ・プロファイルには、3種類のクッション係数および2種類の材質のモデルがあります。このプロファイルには、長期間使用したときに壊れたり疲労破損したりするおそれのある固い内部パーツは、使用されていません。