セーフティ・プログラマブル・コントローラ

当社のセーフティPLCシステムは、複雑な安全アプリケーションに従来のPLCシステムの利点をもたらし、自動化プロセスを安全な状態で維持するために通常求められる、配線で接続されたリレーシステムに取ってかわるものです。セーフティPLCでは、1つのコントローラシャーシに標準プログラムと安全関連のプログラムを搭載できるため、プログラマが慣れ親しんだ使いやすい環境で柔軟にプログラミングを行なうことができます。当社のセーフティ・コントローラ・ソリューションは、オープンかつ統合的な制御を実現し、機械の安全保護と、これまで制御システムに対して行なった投資の保護に役立ちます。

Bulletin 1752 SmartGuard 600安全機能付きセーフティコントローラ

SmartGuard 600安全機能付きセーフティコントローラ

Bulletin 1752 SmartGuard™ 600安全機能付きコントローラは、16の安全定格入力、8つの安全定格出力、4つのパルス・テスト・ソース、および1つのEtherNet/IP™ポート(オプション)を備えています。各コントローラには、DeviceNet™接続機能も備わっており、標準CIPおよびCIP Safetyの両方に対応しています。EtherNet/IP上やDeviceNet上で、または搭載されたUSBポートを使用して、構成とプログラムを行なうことができます。小型で、費用効率が高くインテリジェントなこれらのコントローラを使用することで、GuardLogix®またはその他のSmartGuardセーフティコントローラとの間で安全インターロックを実行できます。


Bulletin 1756 ControlLogix 5570コントローラ

ControlLogix 5570コントローラ

ControlLogix® 5570コントローラには標準、安全、苛酷な温度、On-Machineモデルが揃っており、プロセスおよびモーション、ディスクリート、および高い可用性が求められるアプリケーションに適しています。Integrated Architecture™(統合アーキテクチャ)のシステムに含まれるこれらのコントローラは、Studio 5000 Automation Engineering & Design Environment™および共通のネットワークプロトコルを使用しています。これらのコントローラでは、共通の開発環境を備えた共通の制御エンジンが使用されており、使いやすい開発環境で高性能の制御を行なうことができます。


Bulletin 1768 CompactLogix L4x、L4xSプログラマブル・オートメーション・コントローラ

1768 CompactLogixコントローラ

Bulletin 1768 CompactLogix™コントローラおよびCompact GuardLogix®コントローラは、安全性や動きに関するデータ通信、または複雑な通信が必要な小型から中型のアプリケーションに最適です。これらのコントローラにはシリアル、EtherNet/IP™、またはControlNet™チャネルが搭載されており、モジュール式のDeviceNet™通信機能を備えています。また、I/Oモジュールは30まで、モーション軸は16までサポートしています。


GuardPLC安全制御システム

GuardPLC安全制御システム

GuardPLC™安全制御システムは、PLCのスループットが高く、また、ネットワーク処理が高速です。PLCおよび機能安全に関するさまざまな国際規格に準拠しています。このファミリーは、速度、方向、ゼロ速度、温度、圧力、および流れを検出するのに適しています。TÜVから認証を取得している安全Ethernetネットワーク上で通信を行なうため、EN954カテゴリ4およびSIL 3までの安全を必要とするアプリケーションに使用できます。