ControlLogix 5570コントローラ

ControlLogix® 5570コントローラには標準、安全、苛酷な温度、On-Machineモデルが揃っており、プロセスおよびモーション、ディスクリート、および高い可用性が求められるアプリケーションに適しています。Integrated Architecture™(統合アーキテクチャ)のシステムに含まれるこれらのコントローラは、Studio 5000 Automation Engineering & Design Environment™および共通のネットワークプロトコルを使用しています。これらのコントローラでは、共通の開発環境を備えた共通の制御エンジンが使用されており、使いやすい開発環境で高性能の制御を行なうことができます。

Bulletin 1756 ControlLogix 5570コントローラ
  • 概要
  • 新製品
  • 製品の選択
  • 仕様
  • ソフトウェア
  • 資料
  • リソース
  • アプリケーション

特長

  • EtherNet/IP™の統合モーションおよび統合Sercos™モーション、アナログモーションに対応
  • 完全冗長のコントローラおよび電源投入状態での取り外しおよび挿入(RIUP)をサポート
  • EtherNet/IP、ControlNet™、DeviceNet™、Data Highway Plus™、リモートI/O、SynchLink、およびサードパーティのプロセスネットワークやデバイスネットワーク上で通信
  • リレー・ラダー・ロジック、構造化テキスト、ファンクションブロック、およびSFC言語を使用してプログラム可能
  • カタログ番号に「K」が含まれる製品は苛酷な環境で保護機能を提供するコンフォーマルコーティングを装備
  • 限られた空間でスペース(幅)を29%節約できるシリーズB、C標準、および1756 XTシャーシ向け1756スリム電源オプション
  • 17スロットまで搭載可能なシャーシ(標準、コンフォーマルコーティング、極温対応モデル)を提供

On-Machineコントローラ

  • On-Machine™の標準および安全制御により稼働時間を向上してコストを削減
  • マシンに直接設置可能なため制御キャビネット内のハードウェア数を最小化

GuardLogixセーフティコントローラ

  • 同一シャーシに安全機能と統合モーションを搭載
  • TUV認定のSIL 3機能安全(コントローラおよび安全パートナが必要)
  • Armor GuardLogixコントローラによりマシンのアーキテクチャを簡略化してシステムの設置面積を削減
  • 温度範囲が-25~70°C (-13~158°F)の環境で動作可能(個別に使用)
  • 温度範囲が-20~70°C (-4~158°F)の環境で動作可能(FLEX™ I/O-XTモジュールと併用)

苛酷な環境向けコントローラ

  • 温度範囲が-25~70°C (-13~158°F)の環境で動作可能(個別に使用)
  • 温度範囲が-20~70°C (-4~158°F)の環境で動作可能(FLEX™ I/O-XTモジュールと併用)

製品の比較

特長

5580コントローラ

5570コントローラ

高性能

5~20倍

(ControlLogix 5570と比較した場合)

2倍

(ControlLogix 5560コントローラと比較した場合)

埋込み型イーサネットポート 1ギガビット(Gb) なし
ローカル・プログラミング・ポート USB USB
エネルギー貯蔵モジュール(ESM)搭載 あり あり
オンボードディスプレイ搭載 あり あり
Studio 5000 Automation Engineering & Design Environment™でサポート あり あり
不揮発性メモリ セキュア・デジタル・カード セキュア・デジタル・カード
最大ユーザメモリ 40 MB 32 MB
最大I/O点数 128,000デジタル、4,000アナログ 128,000デジタル、4,000アナログ

補足情報

  • ControlLogixスタータキットControlLogixスタータキットはハードウェアとソフトウェアをバンドルにし特別価格で提供するもので、必要なもの一式が含まれています。コンポーネントを選択し、お客様の環境に適したキットを構築してください。
  • 統合アーキテクチャソリューションは、プラント全体の最適化を効果的かつ効率的に行なうための基盤を提供し、経済状況や消費者ニーズの変化に対しても競争力に優れた対応を可能にします。
  • Logixを学ぶ上で知っておくべきことに関するブログやポッドキャストシリーズでは、当社のコントローラおよびソフトウェアのメリットを最大限に引き出す方法をControlLogix®コントローラシステムの熟練・新規ユーザに向けて解説しています。

ControlLogixスタータキットでコストを節約

ControlLogix®スタータキットはハードウェアとソフトウェアをバンドルにし特別価格で提供するもので、必要なもの一式が含まれています。コンポーネントを選択し、お客様の環境に適したキットを構築してください。

詳細は、ControlLogixスタータキット 資料を参照してください。

認可

5560 ControlLogix標準コントローラ

  • c-UL-us
  • CSA
  • CE
  • C-Tick
  • ATEX
  • KC
  • FM

5560 GuardLogixセーフティコントローラ

  • c-UL-us
  • CSA
  • CE
  • C-Tick
  • ATEX
  • KC
  • FM
  • TÜV

5560 ControlLogix苛酷な環境用コントローラ

  • c-UL-us
  • CSA
  • CE
  • C-Tick
  • ATEX
  • KC
  • FM

5570 ControlLogix標準コントローラ

  • c-UL-us
  • CE
  • C-Tick
  • ATEX
  • KC

5570 GuardLogixセーフティコントローラ

  • c-UL-us
  • CE
  • C-Tick
  • ATEX
  • KC
  • FM
  • TÜV

5570 ControlLogix苛酷な環境用コントローラ

  • c-UL-us
  • CE
  • C-Tick
  • ATEX
  • KC

5570 Armor GuardLogix On-Machineセーフティコントローラ

  • c-UL-us
  • CE
  • RCM
  • KC
  • TÜV

TÜVおよびSIL認定の詳細は、機能安全の認定およびSILのリンクを参照してください。

製品の認可

製品にマークのある認可を受けています。適合宣言書、認可、およびその他の認定の詳細は、「Product Certification」サイトをご覧ください。

ソフトウェア

Rockwell Software®のRSLogix 5000プログラミングソフトウェア (5560コントローラ)または Studio 5000 Logix Designerアプリケーション (5570コントローラ)を使用して、ControlLogix®またはGuardLogix® システムを設計および構成できます。

選択するコントローラやモジュール、およびネットワーク構成によって、システムの構成やプログラミングに必要な追加のソフトウェアパッケージが決まります。その他に必要となる可能性があるソフトウェアとしては、RSNetWorx構成ソフトウェアおよびRSLinx通信ソフトウェアなどがあります。

詳細

その他のソフトウェア製品については、Rockwell Software製品のサイトを参照してください。

1756-SP401
パンフレット

必要な情報が見付からない場合

さらに多くの言語で提供されている技術資料や販促資料を検索する場合は、文書ライブラリをご覧ください。

'-

製品の認可

製品にマークのある認可を受けています。適合宣言書、認可、およびその他の認定の詳細は、「Product Certification」サイトをご覧ください。

構成ツールおよび選択ツール

  • CrossWorks: 競合製品のカタログ番号をAllen-Bradley®の類似製品に変換できます。
  • Integrated Architecture Builder — プロジェクトに必要なハードウェアを選択し、部品表を生成することができます。
  • Motion Analyzer — アプリケーションの規模を判断して、最適なモータとドライブを選択することができます。
  • ProposalWorks — 詳細な見積と提案を作成できます。

その他のリソース

  • Drives and Motion Accelerator Toolkit —選択ツール、レイアウトおよび配線図、HMIファイルを使用して、Rockwell Automation®ドライブシステムの設計、設置、運用、および保守を行ないます。
  • EtherNet/IP容量ツール —推奨のEtherNet/IP™ネットワークで使用されるリソースを計算できます。
  • ファームウェアの更新 — ログインすると、ファームウェア更新のサポートを受けることができます。
  • Logix Designerに関するビデオ — これらのビデオ(旧称RSLogix™ 5000に関するビデオ)を視聴することにより、Studio 5000™ Logix Designerアプリケーションに関する重要な作業を短時間で理解できます。
  • PLC-5/SLC対話型移行ツール — I/O配線および変換システムなどの製品を使用し、PLC-5システムやSLCシステムをLogixベースのソリューションに移行します。
  • 調達仕様書 — この製品の調達仕様書を見るには、当社のオンラインリソースをご利用ください。
  • ソフトウェア更新 —ログインすると、ソフトウェア更新のサポートを受けることができます。
  • ナレッジベース: 当社のオンラインリソースにアクセスし、技術情報の入手、サポートチャットやサポートフォーラムの利用、ソフトウェア更新プログラムのダウンロード、および「製品に関する通知書」や「製品安全の状況報告」の確認を行なうことができます。


アプリケーション

ControlLogix®コントローラにはメモリ、速度、処理能力が搭載されており、基本的な工場フロアアプリケーションから高性能なプロセスアプリケーションやモーションアプリケーションまでの幅広いニーズに対応します。

  • エネルギーおよび発電
  • 飲食料品 — 乳製品
  • 鉱業および金属
  • 船舶
  • 製紙およびパルプ
  • 鉄道/地下鉄、車両
  • 上下水道

プロセスアプリケーション向けには次のような機能や特長があります。

  • 容量の拡大により、タスクでより多くの制御戦略が実行可能
  • 制御および監視レイヤ間の情報伝達量が飛躍的に改善
  • 冗長制御アプリケーションの性能が飛躍的に向上

モーションアプリケーション向けには次のような機能や特長があります。

  • 複雑で高性能なモーションアプリケーション向けに、高速モーションコマンドおよび軸軌道プランナ実行を実現
  • EtherNet/IP™またはSERCOS™ Interfaceを使用して接続されている高性能モーションドライブの制御に最適
  • 統合モーション100軸までサポート

ディスクリートアプリケーション向けには次のような機能や特長があります。

  • 高速デュアルコアCPUにより、コントローラのスキャンタイムを大幅に改善
  • 通信速度が向上
  • 高速なクロスローディングを冗長システムに提供

プログラマブルコントローラの導入事例 — 当社の導入事例サイトで、Allen-Bradley®のプログラマブルコントローラ製品がどのように利用されているかをご覧ください。