POINT I/O

Bulletin 1734 POINT I/O™は、柔軟性の高さと所有コストの低さが求められる用途に適しています。点数の単位が1~8点であるため、必要な分だけのI/Oを購入することができます。限られたパネルスペースにも簡単に取付けられるよう、コンパクトな設計になっています。このファミリーにはPOINT Guard I/O™安全I/Oモジュールが搭載されているため、標準のPOINT I/Oシステム内で並べて使用できます。ControlNet™、DeviceNet™、EtherNet/IP™およびその他のオープンなネットワーク規格を使用できます。一部のモジュールにはスマート・コンポーネント・テクノロジが搭載されているため、I/Oに低コストのDeviceLogix™ロジック解決機能が組み込まれ、感知から作動までの時間を短縮できます。

Bulletin 1734 POINT Guard I/O In-Cabinetモジュール

POINT Guard I/Oモジュール

POINT Guard I/O™モジュールは、標準的なPOINT I/O™システムに適合するように設計された、安全規格に準拠したI/Oモジュールであり、最大密度のI/Oソリューションに自動化機能や安全機能を提供します。POINT Guard I/Oは、GuardLogix®コントローラの場合はEtherNet/IP™上で、またSmartGuard™ 600コントローラの場合はDeviceNet™上でCIP™ Safetyプロトコルを使用して通信します。


Bulletin 1734 POINT I/Oモジュール

1734 POINT I/Oモジュール

Bulletin 1734 POINT I/O™モジュールでは、デジタル、アナログ、および特殊I/Oのほかに、モジュール当たり1~8ポイントの、安全規格に準拠したPOINT Guard I/Oが用意されています。同じシステムに標準的なI/Oと安全I/Oを混在させることができます。POINT I/Oは、包括的な診断が可能で、構成可能な機能が備わっているため、利用しやすくなっています。