MicroLogix拡張I/O

当社のBulletin 1762 MicroLogix™拡張I/Oモジュールは、I/O点数とタイプの柔軟性を最大限に高めることによってMicroLogix 1100、1200、1400の各コントローラの機能を拡張します。ラックを使用しないモジュール式の設計になっているため、コストを節減し、交換部品の在庫を圧縮することができます。モジュールは、DINレールまたはパネルに取付けることができます。

Bulletin 1762 MicroLogix拡張I/O
  • 概要
  • 製品の選択
  • 仕様
  • 資料
  • リソース

特長

  • 豊富な機能により、幅広いアプリケーションに対応可能
  • EtherNet/IP™、DeviceNet™、DH-485(ローカルのみ)の各ネットワークに対応
  • ソフトウェアキーイングにより、システム内での誤配置を防止可能
  • I/O配線用のフィンガーセーフ端子台を装備
  • 設置面積が小さいためパネルスペースを節約可能
  • 高性能な一体型I/Oバス
  • I/O端子の割当てを記録するためのラベル
  • デジタルI/O、アナログI/O、および特殊I/Oモジュールを選択可能

1762 MicroLogix™ディジタル拡張I/Oモジュール

  • 入力または出力点数: 8、16、または32
  • AC電圧およびDC電圧
  • 組合せモジュール(入力x 8、接点出力x 6)
  • AC/DCリレー出力モジュール

1762 MicroLogixアナログ拡張I/Oモジュール

  • 入力モジュール(ディファレンシャル入力x 4)
  • 出力モジュール(シングルエンド出力x 4)
  • 組合せモジュール(ディファレンシャル入力x 2、シングルエンド出力x 2)

1762 MicroLogix特殊拡張I/Oモジュール

  • RTDモジュール(入力チャネルx 4)
  • 熱電対モジュール(入力チャネルx 4、CJCセンサ搭載)

コントローラ当たりの拡張I/Oモジュールの最大数

コントローラI/Oモジュールの最大数
MicroLogix 1100 4まで)
MicroLogix 1200 6
MicroLogix 1400 7

認可

  • CEマーク取得
  • cULマーク(CSA C22.2 No. 142)
  • ULマーク(508)
  • 危険な環境クラスIディビジョン2、危険な領域、グループA、B、C、D (UL1604、cUL: CSA C22.2 No. 213)

製品の認可

製品にマークのある認可を受けています。適合宣言書、認可、およびその他の認定の詳細は、「Product Certification」サイトをご覧ください。

必要な情報が見付からない場合

さらに多くの言語で提供されている技術資料や販促資料を検索する場合は、文書ライブラリをご覧ください。

'-

製品の認可

製品にマークのある認可を受けています。適合宣言書、認可、およびその他の認定の詳細は、「Product Certification」サイトをご覧ください。

構成ツールおよび選択ツール

  • CrossWorks: 競合製品のカタログ番号をAllen-Bradley®の類似製品に変換できます。
  • Integrated Architecture Builder — プロジェクトに必要なハードウェアを選択し、部品表を生成することができます。
  • ProposalWorks — 詳細な見積と提案を作成できます。

その他のリソース

  • 電子データシート — DeviceNet™、ControlNet™、EtherNet/IP™、およびネットワークに依存しないEDSファイルを検索できます。
  • ナレッジベース: 当社のオンラインリソースにアクセスし、技術情報の入手、サポートチャットやサポートフォーラムの利用、ソフトウェア更新プログラムのダウンロード、および「製品に関する通知書」や「製品安全の状況報告」の確認を行なうことができます。