Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

サウスウエストベーキング社のバッチシステムのアップグレードによりプロセスの柔軟性が拡大

ベーカリはESCソリューションズ社と提携して、ロックウェル・オートメーションの新しい直観的なバッチソリューションを配備

課題

  • 旧式の専用バッチシステムに制限されていた、サウスウエストベーキング社は柔軟性を向上するための直観的なソリューションを必要としていた。

ソリューション

結果

  • パンの生産量が5%増加し、バッチサイクルタイムが22%短縮した。
  • データを処理するための洞察が改善されたことで、ダウンタイムが数時間から数分に短縮され、イベントごとに1時間当たり数千人が節約された。
  • 1年で投資利益率を達成

背景

パンはほとんどすべてのレストランのメニューにあります。例えば、サンドイッチメーカは、毎年利益を上げ続けるために、数百万のパンを処理しています。

パン作りのビジネスは複雑になる可能性があります。

舞台裏では、アリゾナ州トーレソンに本拠を置くサウスウエストベーキング社などの産業用食品メーカは、サンドイッチメーカや他のレストランを営業させ続けるために、年間200万ケース以上のパンを生産しています。

サウスウェストベーカリー社の製パンプロセスは、原料の受け取りから始まります。そこでは、小麦粉、酵母、塩などの成分が、バッチ処理システムに移されるまで、保管容器に保管されます。

バッチ処理システムは、原材料を保持ビンから原料を組み合わせて産業用ミキサに引き込みます。

その後、混合物は生産に移行し、そこでパン製品が形成され、冷凍された後、包装、パレット化、流通センターに出荷されます。

課題

サウスウエストベーキング社は、8分ごとに1つのバッチのみを実行する古い独自のバッチシステムによって制限されていました。これにより、機械の生産能力に基づいて、工場の能力は8590%にとどまりました。

さらに、同社は1時間当たり数千のコストで1か月当たり56時間のダウンタイムを経験していました。1人のプログラマが問題を修正しようとしたときに、ダウンタイムイベントが1日以上続くこともありました。

サウスウエストベーキング社のプラントエンジニアであるロバート・ウルブレフスキー氏は次のように述べています。「プログラマが退職したとき、システムの知識は彼が持ち去ってしまいました。従業員は操作方法を知らなかったため、問題が発生したときに外部のサポートを何時間も待つことになりました。」

独自のプラットフォームはスケーラブルではなかったため、サウスウエストベーキング社は将来の成長のためにプロセスラインを拡張できませんでした。

ウルブレフスキー氏は次のように述べています。「スケーラビリティを超えて、新しい機器を追加する必要がある状況やバッチプロセスの手順が変更された状況に継続的に遭遇し、実行前に貴重な時間の再プログラミング、起動、テストを行ないました。」

さらに、社内の老朽化したプラットフォームには制限されたレポート機能しかありませんでした。

レポートは、原材料の受取りからのデータの取り込みに制限されていました。レポートは一貫して収集または正確ではありませんでした。

オペレータは、プロセスのさまざまな間隔でデータを手作業で収集する必要があり、人為的エラーが起こりやすくなっていました。また、システムは数日分のデータしか保存できませんでした。

サウスウェストベーキング社では、長期にわたって持続可能で、重要なプロセスデータを正確に追跡および報告できる、簡単にサポートできるバッチソリューションが必要でした。

ソリューション

ロックウェル・オートメーションの PartnerNetwork™プログラムの認定システムインテグレータであるECSソリューションズ社と共同で、限られた旧式のシステムの代替品の設計と実装を支援しました。

サウスウエストベーキング社とECSソリューションズ社は、多くのベンダーから提供される製品を評価した後、ロックウェル・オートメーションの FactoryTalk® Batchソフトウェアを活用した柔軟なバッチレシピ管理システムを標準化することを選択しました。同社は、制御システムを、高度なHMIインターフェイスとプロセス履歴を備えたAllen-Bradley®のControlLogix®コントローラにアップグレードしました。

ウルブレフスキー氏は次のように述べています。「新しいシステムでは、必要に応じて最終的にプロセスを追加、変更、または拡張できます。柔軟性の向上と関連するコスト削減だけで、わずか1年でシステムの費用を節約できました。」

さらに、新しいシステムはS88規格に準拠しているため、オペレータはバッチ手順の変更やコントローラコードの変更をより簡単に行なうことができます。

更新されたプラットフォームにより、オペレータの機能が強化され、オペレータは外部のプログラマに打診することなくメンテナンスとトラブルシューティングを実行できます。

直感的なディスプレイにより、システムの操作が容易になり、完全なバッチプロセスの洞察が向上します。

新しいソリューションの一環として、サウスウエストベーキング社には視覚化、分析、レポートのポータルが追加され、オペレータは材料の使用状況、材料のバランス、配達の精度などのバッチプロセスの傾向を確認し、必要に応じてレシピを簡単に調整できます。新しいヒストリアンは約200のデータポイントを収集し、長年のデータを保存できます。

結果

サウスウエストベーキング社は、施設全体のバッチの一貫性を高めるために、ローカルサポートを備えた信頼性の高いシステムを望んでいました。会社はこれを達成しただけでなく、それを超えました。

新しバッチソリューションを導入して以来、サウスウエストベーキング社は生産量を5%増加させました。1分当たり約10ポンドの生地と、年間40万ケースのパンが増加しました。

さらに、同社はサイクルタイムを20%以上短縮しました。つまり、同じ時間枠でより多くのバッチを実行できます。ウルブレフスキー氏は次のように述べています。「当社の古いシステムでは、1時間に8つのバッチを実行していましたが、現在では1時間に10個のバッチを実行しています。」

ダウンタイムは事実上過去のものになりました。サウスウエストベーキング社は、ダウンタイムをイベントごとの平均ダウンタイム1時間から、イベントごとの数分のダウンタイムに短縮できました。

新しいバッチシステムでは、プラントレベルのオペレータは、システムエラーが発生した場合に対応できます。ウルブレフスキー氏は次のように述べています。「当社のオペレータは現在、当社施設の最初の対応者です。彼らはソフトウェアを理解し、プロセスを直接洞察できます。実際、10回のうち9回は自分で問題を解決する方法を知っています。もし解決できなければ、ローカルサポートが電話で対応します。」

さらに、改善された情報とレポートの精度により、会社は一貫したレシピを維持し、無駄な材料の量を減らすことができます。

会社の柔軟性はもはや制限されていません。バッチプラットフォームのスケーラビリティにより、追加のプロセスラインを簡単に統合し、ベーキングプロセス全体を会社とともに成長させることができます。

上記の結果は、サウスウエストベーキング社での配備されたロックウェル・オートメーション製品およびサービスをその他の製品と併用した結果です。実際の成果は事例ごとに異なる場合があります。

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ