Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

ロックウェル・オートメーションとBIBITがCaffèBorboneにグローバル追跡ソリューションを提供

イタリアの有名コーヒー生産者であるCaffè Borboneにとって、グローバルな追跡はコーヒー豆から始まり、コーヒーポッドまでに及びます。

Main Image

課題

  • •大量の生コーヒー豆からシングルポッドまで、プロセス全体に沿ってグローバルで広範囲の追跡システムを作成する。

ソリューション

結果

  • プロセス全体を完全にグローバルで追跡
  • IFS Food (最高の食品安全認証)を習得
  • ラインおよび要員の効率分析および測定のためのデータの可用性

背景

Bibitはイタリアの情報技術企業であり、過去12年間、追跡ソリューションに注力しています。この企業の能力こそが、コーヒー分野のリーダーであり、イノベーションと新しい技術に強い志を持っているアロマティカ社のブランドであるカフェボルボーネ(L’Aromatika Srl – Caffè Borbone)がBibitを選んだ理由です。

部分的な追跡プロジェクトとして開始され、その後の開発の後、アプリケーションはデジタルトランスフォーメーションの完璧な例になりました。このプロジェクトを実装するために、Bibitはロックウェル・オートメーションのサービスに依頼してきました。その際に、私たちはインダストリ4.0環境を作成するための基盤を提供しました。また、グローバルなリアルタイム追跡の観点から得られた結果のおかげで、アロマティカ社は最高の食品安全認証であるIFS Foodを取得しました。

課題

アロマティカ社は、PCターミナルで構成されるシステムに依存しており、パレットの生成の記録に限定されていました。このシステムは、生産サイクルの終わりに、上流の活動に関する情報を一切含まない印刷ラベルを提供しました。

会社の継続的な成長と、食品業界に適用される厳格な規格への準拠が必要であったため、会社はプロセスを自動化しました。ラインに沿って発生するすべてのイベントをモニタするツールを配備し、リアルタイム追跡の基盤を確立する必要がありました。これが達成された後、アロマティカ社は、プロジェクトをさらに拡張してマシンレベルの追跡システムに到達し、すべての印刷システムをパッケージングに接続することを決定しました。

このプロジェクトの拡大により、会社は、コーヒーが実際に由来するコーヒー生産者と連携するシステムのおかげで、本来なら不可能だった結果を得ることができました。当初、このプロジェクトは10ラインをカバーする予定でしたが、最終的には30ラインをカバーし、5つのコーヒー生産者を網羅するようになりました。その結果、グローバル追跡ネットワークはコーヒー豆からシングル・コーヒー・ポッドまでをカバーするようになりました。

ソリューション

「各ラインに20台のスタンドアロンPCがある状況から始めました。本日、CED構造の一部であるプログラマブル・オートメーション・コントローラ(PAC)で管理されるリモートI/Oの数を増やすだけで、追加のラインを接続できるシステムを実現できました」と、BibitのCEOであるガブリエレ・マルコ・フェラーリ氏は断言しました。

プロジェクトの2年の開発過程でお客様に提供されるIntegrated Architecture® (統合アーキテクチャ)システムは、2台のAllen-Bradley®のCompactLogix™ 5370シリーズコントローラ(L30ERが1台と L36ERが1台)、30のリモートAllen-Bradley POINT I/O™モジュール、さらにコーヒー生産者用の他の6つで構成されています。これらのコンポーネントはすべてEtherNet/IP™ネットワークを介して相互に、およびサーバと通信します。CompactLogix L30ER PACは12のリモートI/Oを管理し、CompactLogix L36ER PACは18のリモートI/Oを管理します。システムはロックウェル・オートメーションのPACが提供する速度のおかげで、3ミリ秒のポーリングサイクルで動作します。PACは、Microsoft SQLデータベースが存在するサーバと直接通信します。サーバには、ラインからのすべての要求とともに、すべてのデータが記録されます。

EtherNet/IPプロトコルを備えたネットワークインフラによって、PACは倉庫の消費量、生産量、およびコーヒーの製造レベルを自動的に管理し、さらに荷降ろしされた生コーヒーと加工コーヒーの量も管理できます。追跡データを提供することに加えて、中間サーバと通信するPACは、半処理された積荷、倉庫内の完成品、およびコンポーネントの荷降ろしの記録のために、会計ソフトウェアに同じデータを送信します。

「手作業で管理した場合、そのサイズのためにコストと時間の点で高価であり、追跡の観点から実装することが不可能だったプロセスが自動化されました」と、フェラーリ氏は続けます。

これまで説明してきたことを簡単なフレーズで要約する必要がある場合、優れたサポートを備えた優れたソリューションと言えます。

結果

アロマティカ社の主要な結果は、「IFS Food」食品安全認証の取得でした。これは、徹底的かつ広範囲の追跡の証明であり、この分野では、例えば、大規模な分配など、一連のコミットメントに従って運用するための必須条件を表しています。

採択したソリューションのおかげで、アロマティカ社は、コーヒーを受取り、特定のロットに登録されて関連付けられたときから、コーヒーメーカーの会社に積み込み、最初のブレンド操作までの、最初から最後までプロセス全体を追跡できるようになりました。

コーヒーメーカーには、単一のコーヒーメーカーからすべてのデータを収集し、コーヒー処理プロセスのステップを追跡するAllen-BradleyCompactLogix 5380 PACと直接接続された自律PACが搭載されています。コーヒーの準備が整うと、容器が定義され、生産された材料の荷降ろしと半加工材料または焙煎されたコーヒーの荷積みが登録されます。これは、倉庫の積み下ろしに影響する追跡の最初の効果です。

フェラーリ氏は次のように説明します。「ラインに関する限り、デジタルI/Oプロトコルを介してインターフェイスしました。そのため、古いマシンが存在する場合でも、システムのステータスをモニタし、故障した場合にフィードバックを提供することが可能です。また、生産速度と頻度も追跡できます。さらに、速度の面でも、1分当たりの部品数と1時間当たりの部品数を確認できます。これにより、会社はラインとオペレータの効率を評価するために使用できる一連のデータを提供します。さらに、システムは、直接マーキングを実行し、ポッドの相関を追跡するレーザなどのラインに沿ってデバイスを管理し、生産されたポッドの量に関する情報を提供し、パレット上のさまざまなボックス内に配置し、単一のパレットの受取人まで管理します。」

最近、これらの活動に使用される梱包材の追跡も追加されました。明確にマークされているアルミニウムの種類、使用されている濾紙、およびシングルポッドの生産に関連するその他のコンポーネントも記録されます。したがって、いつでもシングルポッドの最終受取人に関する情報を追跡し、フィルムのロット、濾紙のロット、またはその生産で使用される材料を判断することができます。

これらは、アロマティカ社にとって貴重な改善であり、リアルタイムでラインの進行状況をモニタする可能性に加えて、必要に応じていつでも介入し、市場から多くを呼び戻すことができますこれは」インダストリ4.0モデルで導入されたパラダイムに従った非常に革新的なプロジェクトであり、ロックウェル・オートメーションのコネクテッドエンタープライズのアプローチに完全に適合しています。

フェラーリ氏は次のように締めくくりました。「プロジェクトの要件に完全に対応するパフォーマンスのためにRockwell Automation®のPACを使用することにしました。このような微調整された追跡システムを実現するには、継続的なデータ調査と要求をサポートするための速さが必要でした。

プログラミングの単純さとEtherNet/IPがもとから備わっているという事実は、追加の決定要因でした。このアプリケーションの特別な機能は、コントローラ、サーバ、および中央データベース間の直接通信を提供するソケットインターフェイスを使用して、中間デバイスを必要とせずにプロトコルをPACに直接書込むことができたという事実にあります。ロックウェル・オートメーションのPACは、構造化テキストのプログラミング言語の柔軟性のおかげで、制限なく、必要なものを自由に記述できました。同じ機能とパフォーマンスを備えたブランドは他にありません。

さらに、ロックウェル・オートメーションのチームのサポートとスキルは私たちにとって基盤となるものであり、私たちの構造に関連付けられると、このような複雑なプロジェクトを短時間で成功裏に完了させることができました。これまで説明してきたことを簡単なフレーズで要約する必要がある場合、優れたサポートを備えた優れたソリューションと言えます。」

Allen-Bradley, CompactLogix, Integrated Architecture, POINT I/O, およびRockwell Automationは、Rockwell Automation, Inc.の商標です。

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案