Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

MRAのスマートストックヤード管理システムは鉱山から港までの効率を向上

과제

  • 採掘された資材のストックヤードと備蓄管理の安全と効率を改善する。

솔루션

  • 高度な制御 - Allen-Bradley®のControlLogix®コントローラはMRAのスマートストックヤード管理システムの制御機能を提供
  • Allen-BradleyのGuardLogix®コントローラはMRAの衝突防止システムに統合制御と安全を提供

결과

  • 安全と効率の向上 - オペレータは、現場での検査の必要性を排除したリアルタイムの視覚化により、備蓄と機械のアクティビティを確認可能
  • MRAのマシンとマシン間と備蓄の衝突防止システムは、ストックヤード管理システムとシームレスに統合して、安全を高める。
  • マシンレベルのレーザ最適化機能を備えたMRAのスマートストックヤード管理システムは、PLCで最適化された自動バケットホイールリクレーマの平均回収率を11.3%増加

世界中の鉱山製品の備蓄は着実に増加し続けているため、企業は、備蓄の維持によって提供される利点のバランスをとるという、供給の変動を防ぐと同時に、ストックヤード管理に関連するコストも管理するなどの課題に直面しています。

ストックヤードは、鉱山の現場と港の両方で、バルク・マテリアル・ハンドリングのサプライチェーンの重要なコンポーネントです。港を拠点とするストックヤードは、不動産、大規模機械、オートメーションへの10億ドルの投資を表すことができます。

インフラへのこのような大幅な投資を考えると、ストックヤードで材料をより効率的に処理できるほど、投資回収が速くなり、営業利益が増加します。スマートオートメーションは、組織がストックヤードや列車や船への原材料の流れを最適化するのに役立ちます。

MRAは、オーストラリアのニューサウスウェールズ州ニューカッスルに拠点を置くエンジニアリング会社で、鉱山および港湾機械のオートメーションを専門としています。MRAは、スマートエンジニアリングを組み合わせ、ロックウェル・オートメーションの最新の制御およびオートメーション技術を活用するスマートストックヤード管理システムを開発しました。このシステムは、石炭、鉄鉱石、ボーキサイトなどの採掘資材の入荷および出荷を最適に管理および自動化できます。

高度なストックヤード管理

スマートストックヤード管理システムは、年間25,000万トン以上を管理する東海岸の4つの主要な石炭処理施設に導入されており、それには世界最大の石炭輸出業者であるポート・ワラタ・コール・サービシズ(PWCS)社が含まれています。4つのターミナルすべてがAllen-Bradley®ControlLogix® PLCを使用して、マシンレベルのオートメーションとリアルタイムモニタを実施しています。このシステムは、リアルタイムのマシンメトリクスを使用し、レーザ強化備蓄モデリングとスマート分析を組み合わせて、最適化された命令をPLCに送信します。

MRAのシステムにより、ストックヤード、備蓄、機械を非常に正確にリアルタイム3D視覚化で表示できます。原材料、品質、年は、ストックヤード全体で0.064立方メートルのブロックで追跡できます。システムのコアコンポーネントには、短期の機械計画と衝突防止、備蓄のモデリング、リアルタイムモニタと視覚化、品質の追跡と機械の最適化が含まれます。

48時間のプレイフォワード機能を活用して、複数のストックヤードシナリオを実行して、対象とする結果を最適に満たすことができます。この結果は、マシンレベルの指示に変換されます。30日間のプレイバック機能を使用することで、パフォーマンスとインシデント調査を確認できます。

レーザで最適化されたリクレーマからの大きな利益

備蓄モデルの精度を高めるために、MRAはマシンレベルのレーザ最適化を導入しました。これは、天候や再生プロセスによって発生する可能性のある不規則な備蓄プロファイルとポストスタックスランプを調整します。洗練されたモデルにより、パフォーマンスが大幅に向上しました。最適化された方向回転により、リクレーマの実質的な時間を増やすことができます。

MRAのエンジニアリング責任者であるピーター・マクファーソン氏は次のように説明しました「当社のスマートストックヤード管理システムは、ストックヤード、その備蓄およびマシンの自動化と管理における大きな進歩を表しています。リクレーマのレーザ最適化により、PLCでのみ最適化されたマシンよりもスループットが10%以上向上しました。既存のインフラを活用して、より正確な意思決定を行なうことができるようになりました。」

コマーシャルディレクタであるアンドリュー・ウィルシャー氏は次のように述べています。「特にバケット・ホイール・リクレーマの場合、レーザの最適化により達成できるスループットの向上に自信があります。回収パフォーマンスチェックにより、マシンデータを分析してビジネスケースの構築を支援することで、これらの利益を予測できます。」

強化された品質管理

ストックヤードのもう1つの重要な進歩は、品質管理です。鉱山と港のシステムをリンクして、ソースからサプライヤまでシームレスな品質レポートを提供できます。

MRAのシステムは、鉱山の場所から鉄道の貨車、港、ダンプステーションを経由してストックヤード、船に至るまで、注ぎ口およびハッチごとに、年などの品質特性を素早く追跡できます。このすべてはロックウェル・オートメーションのPLCによって可能になります。

「原材料の品質を船舶にまで追跡できる当社の能力は、競争の激しい市場でますます重要になっています」と、マクファーソン氏は語っています。

安全と生産性の向上

石炭を積み重ねたり掘り起こすには、安全と生産性が最も重要です。大型機械であるため、スタッカー/リクレーマと他の移動機器との衝突、またはターミナルの固定障害物を回避することが重要です。Allen-Bradley®GuardLogix® PLCは、これらの石炭施設の機械衝突防止システムに使用されています。

「オペレータは、物理的な現場検査の要件を排除するリアルタイムの視覚化およびモニタシステムを通じて、運転室からストックヤード、備蓄、および各マシンを見ることができます。衝突防止システムは機能的な安全を提供する場所です」と、マクファーソン氏は語っています。

MRAは、レーザの最適化によりスループットパフォーマンスが11.3%向上したことについて、「2019 Australian Bulk Handling Award for Innovative Technology」を受賞しました。

ロックウェル・オートメーションのエンタープライズ・アカウント・マネージャであるジェフ・アーバインは次のように述べています。「MRAと、この高価値アプリケーションとのコラボレーションに満足しています。スマートストックヤード管理システムは、鉱業のお客様に「コネクテッドマイン」を実現するための重要な要素です。」

MRAは引き続きスマートストックヤード管理システムを開発し、鉱業のお客様にこの分野に対する高レベルの専門知識をもたらします。ロックウェル・オートメーションは、サプライチェーンを最適化し、出荷ターミナルの安全を強化するこのシステムの開発に参加できたことを嬉しく思います」と、彼は結論付けています。

Allen-Bradley, ControlLogix, FactoryTalk, GuardLogix, Rockwell Automation, およびRockwell Softwareは、Rockwell Automation, Inc.の商標です。

ロックウェル・オートメーションについて

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、産業用オートメーションおよびデジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーです。人々の創造力とテクノロジの潜在力を結びつけることで人の可能性を広げ、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約23,000名の従業員が、世界100カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。製造業におけるコネクテッドエンタープライズ実現の詳細は、当社ホームページをご覧ください。

報道関係者からの問い合わせ先:
Christine Filippis
Teraze Communications
61 3 8391 0701
christine@teraze.com.au


購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ