Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

三井化学SKCポリウレタン株式会社はデータの活用を通じて生産を最適化

FactoryTalk VantagePoint EMIはスマートファクトリを実現

課題

  • 情報収集を最大化し、異種システムを接続する。
  • データ管理プロセスの標準化
  • プロセスの最適化
  • 光熱費の管理

ソリューション

  • FactoryTalk VantagePoint EMI - モバイル機能、データベース統合、接続、強力なレポート、トレンディング、プロット

結果

  • 年間コストを5%に削減
  • 改善されたレポート
  • 現場で問題を管理し、潜在的な問題を事前に計画
  • 納期厳守が5%改善
  • 手動操作を10時間から5時間に短縮し、分析プロセスに多くの時間を割当て

標準化は、従来はオートメーションが重要な役割を果たしていなかった業界でも、技術的および運用上の利点をもたらします。

三井化学SKCポリウレタン株式会社(MCNS)は、均等所有の合弁会社であり、2015年に操業を開始しました。各企業の経験と専門知識に基づく強固な基盤により、MCNSはさまざまな用途向けのポリウレタンの大手グローバルプロバイダになるよう努めており、「第4次産業革命」またはインダストリ4.0の一部である業界の動向に完全に従っています。

他の化学施設と同様に、スラブ、モールド成型、ケース用のポリウレタンを製造するには、正確で統一されたプロセスが必要です。

韓国政府がインダストリ4.0を強力に推進しているため、多くの企業が業務のあらゆるレベルで「スマートファクトリ」アプローチを採用しています。MCNSは、2016年にロックウェル・オートメーションの「スマート・ファクトリ・フォーラム」に参加した後、行動を起こそうと考えました。

課題

MCNSの主要な課題は、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)やロックウェル・オートメーションの戦略的パートナであるOSIsoft社のPIシステムなど、他のシステムからの物流管理データの収集とアクティベーションを最大化する能力でした。

複数のシステムが存在するため、正確なデータを一目で把握することが不可能になり、オペレータが処理ライン全体を追跡およびモニタすることが困難になりました。システムは統合されていなかったため、オペレータは日次、週次、月次レポートで統計を手作業で入力する必要があり、追加のシステム統合なしで動かしていました。特に課題となったのは、手動で操作されるドラム管理であり、無線周波数識別(RFID)が必要でした。

MCNSのロードマップの将来の最初の目標は、必要に応じてリアルタイムデータを抽出するプロセスの標準化でした。2番目はプロセスの最適化でした。その処理の大部分は、狭いイベントデータ収集機能を備えたバッチアプリケーションによって制御されており、現場でリアルタイムの意思決定を下す能力が制限されていました。さらに、MCNSは、センサ値管理を備えたPIシステムを含むOIS物流管理システムの保持を望んでいました。

番目の優先事項はエネルギー管理でした。ユーティリティがラインまたはゾーンで分割されているかにかかわらず、MCNSは効率と安定性を高めるために単一のネットワークを使用してモータエネルギー使用を管理したいと考えました。

ソリューション

スマートマニュファクチャリングの基盤を構築し、コネクテッドエンタープライズの価値を実現するために、MCNSはプロジェクトのバックボーンとしてFactoryTalk® VantagePoint® EMIを選択しました。

FactoryTalk VantagePoint EMIは、製造と生産プロセスから、さらに統合生産モデル(UPM)内のビジネスシステムからも異種データを整理、関連付け、標準化します。その後、オペレータは、モバイルデバイスまたはデスクトップでのユーザのニーズに合わせて、日常の言語で情報を整理して表示できます。

FactoryTalk VantagePointの提供するもの

  • モバイル機能: すぐに使用可能なWeb対応のコンテンツブラウズとディスプレイ作成を提供することにより、摩擦のない生産性を可能にする。
  • データベース統合: 以前は複数のソースから手動でアセンブルされた最新のレポートを提供する。以前は生産制御システムに埋め込まれたデータへの統合アクセスを使用していたが、オペレータは複雑なツールやプログラミング言語を学ぶ必要なく、時間を無駄にせずにレポートやダッシュボードを生成できるようになった。オペレータは洞察と改善の機会を認識すると、掘り下げてより詳細な情報を収集できる。
  • 接続性: 既存のサードパーティのヒストリアンからの情報を使用してトレンドのコンテキストを提供する。ほとんどの競合他社のシステムとは対応していない。この接続性により、複数のシステムおよびプラットフォームでのデータ収集が自動化されるため、データ収集作業に要するコストが大幅に削減される。FactoryTalk VantagePoint EMIは、リアルタイムのライブデータを収集するだけでなく、データの背景に対する現在の状況の重要性を経時的に認識するために必要な情報を取得するのに役立つ。
  • 強力なレポートコンポーネント: 業界で最も強力なレポートコンポーネントの一部を含む。オペレータは、必要な正確なレポートを作成し、マウスをクリックするだけでそれを公開できる。オブジェクトはすぐにモデルの一部であり、Webブラウザとユーザの許可を介してアクセスできる。オペレータは、レポートを直接、またはFactoryTalk VantagePoint EMIポータルを介して表示できる。
  • トレンドとプロット: 世界で最も用途が広く強力な2つのアプリケーションを使用する。ドラッグ&ドロップのシンプルな操作により、オペレータは単純なタグをドロップしたり、オブジェクトをプロットに完成させたりできる。期間の変更、トレースのスタック、および履歴データとリアルタイムデータの切換えなどを行なえる。
FactoryTalk VantagePoint EMIの最大の利点は、システム内のデータがどこにあるかを知っていることです。それを簡単に見つけて、リアルタイムで情報に基づいた意思決定を下すことができます。

結果

FactoryTalk VantagePointソフトウェアの採用が成功したことは、MCNSのデータを簡単に変換および簡素化して実用的な情報を提供することを意味し、標準化プロセス内でコストを削減および制御するのに役立ちます。

FactoryTalkソリューションを通じて提供される改善されたレポートにより、推定節約額は年間約5%に増加しました。「FactoryTalk VantagePoint EMIの最大の利点は、システム内のデータがどこにあるかを知っていることです。それを簡単に見つけて、リアルタイムで情報に基づいた意思決定を下すことができます」と、MCNS のチームリーダであるジュン・ホウ・リー氏が語ります。MCNSチームはMCNSシステムから取得したデータをモニタおよび分析し、現場の問題を直接解決することができます。

このプロジェクトの成功は、ロックウェル・オートメーションのセールスとMCNSの長期にわたる努力の結果です。「コネクテッドエンタープライズの成熟度」モデルに基づく主要なステップを含む2日間の事前インタビューに6つのチームが参加しました。評価のための最初のステップから始まり、会社の運転データ資本(WDC)を定義および整理する3番目のステップは、最終的な成果にとって非常に有益でした。

上記の結果は、MCNSでの配備されたロックウェル・オートメーション製品およびサービスをその他の製品と併用した結果です。実際の成果は事例ごとに異なる場合があります。
FactoryTalk VantagePoint,
およびRockwell Automationは、Rockwell Automation Inc.の商標です。

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ