Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

石炭層ガス安全コンプライアンスの順守

課題

  • 石油とガスのコンプライアンス要件を満たすための最新の安全システムを実装

ソリューション

  • 高度な安全システム - AADvance®フォルトトレランス制御システムは、ガス・ジェネレータ・ユニットへの完全に独立したシャットダウンパス、燃料ガスバルブの分離、および関連する電気システムを提供する。
  • 工場受入テスト - 詳細な工場受入テスト(FAT)を実施し、立上げプロセスをシームレスにできた。

結果

  • 防火とガス安全コンプライアンス - 新しいシステムは、IEC 61511 SIL2設計の防火とガス安全計装システムの規制に準拠している。
  • システムはノルウェー石油産業協会のOLFの厳しいガイドラインに準拠している。

安全コンプライアンスは、事故のない石油とガスの生産を確保するために重要です。フォルトトレラントな安全計装システムは、コンプライアンス要件を満たすことを支援します。

石炭層ガス(CSG)は、ほとんどの石炭層に見られる天然のメタンガスであり、従来の天然ガスと似ています。CSGは、地域社会と私たちの環境を保護する世界最高の手法を使用して、地下深くから抽出されます。

オーストラリアの主要な石炭層ガス資源は、オーストラリア東部の陸上にあります。現在知られている最大の埋蔵量は、クイーンズランド州のボーエン盆地とスラト盆地にあります。炭層からの天然ガスは、産業や家庭で暖房や調理に使用されるガス供給の一部をなしています。

オーストラリアの炭層ガス産業は、土地と水資源を保護するためのベストプラクティス技術を備えた高度に規制された産業としての評価を得ています。

これに合わせて、世界のエネルギー企業は最近、厳しいコンプライアンス要件を満たすために、ジェネレータの安全システムを最新の制御および安全技術でアップグレードしました。

安全リスクの低減

炭層ガス井は、地下水抽出によりガスを放出します。抽出された水とガスは、水がガスから分離される表面に迂回されます。炭層ガス水は高濃度の塩分を含み、パイプラインを介して収集され、貯蔵池に送られます。

その後、水は水処理プラントにポンプで送られ、そこで農業、地方自治体、または産業用途に使用される前にさらに処理されます。炭層ガス水処理プラントは、ガス田からのメタンを使用するガスエンジン発電機によって駆動されます。

防火とガスの国際的な安全規格を満たすことは、エネルギー企業にとって重要な優先事項です。そのため、彼らはロックウェル・オートメーションのPartnerNetwork™プログラムのプロセス安全パートナであるPSAエンジニアリング社に、7台のジェネレータにまたがる緊急シャットダウンと火災およびガスシステムをアップグレードすることを求めました。クイーンズランド州オーモーを拠点とするPSAエンジニアリング社は、さまざまな産業分野にわたる制御および安全計装システムの両方に対して、幅広い専門エンジニアリングサービスを提供しています。

完全準拠のOLF-070 SIL 2 F+G安全計装システムの提供を担当するPSAエンジニアリング社の主任I+Eエンジニアであるジョン・ティーエン氏は次のように述べています。「1日当たりの処理能力が90,000立方メートルを超えるため、水処理プラントでは安全リスクの低減が重要な検討事項でした。プロジェクトの主要な推進力は、非準拠のSIL2防火およびガスシステムを、準拠しているシステムに置き換えることでした。」

高度な安全システム

施設の7台のガスジェネレータのそれぞれは、火災やガスの発生を監視するために複数のSIL 2認定の火災およびガスセンサを備えた個別のエンクロージャ内に収容されています。センサは1oo2有権者モードで動作し、オンライン・センサ・テストとフォルトトレランスが提供され、1oo2が1oo1に低下します。センサ診断の完全なスペクトルは、OPCインターフェイスのSCADAシステムを介してオペレータに直接報告するAADvance®アプリケーションに設計されています。

システムは、SIL 2認定の一連のビーコンを備えており、ジェネレータのエンクロージャ内の担当者に警告を発します。さらに、サイレンを使用して、火災やガスの発生を警告します。

ロックウェル・オートメーションのAADvanceフォルトトレランス制御システムは、安全機能と価値提案により、このアプリケーションに最も適したソリューションとして選択されました。これは、柔軟なコントローラの冗長性を提供する安全計装システムであり、工場の既存のシステムと統合するように設計できます。

火災やガスが発生したときに、ジェネレータは安全のために迅速かつ効果的な緊急停止手順を備えている必要があります。AADvanceシステムは、ガス・ジェネレータ・ユニットへの完全に独立したシャットダウンパス、燃料ガスバルブの分離および関連する電気システムを提供することにより、この要件を満たしました。このシステムはまた、影響を受けるジェネレータのビーコンとサイレンシステムに加えて、エリア内に避難する可能性がある最大の時間を担当者に与えるプラント規模の緊急サイレンを直ちにトリガします。

立上げプロセスを可能な限りシームレスにするために、詳細なFATテストが実施され、既存のプラントHMIシステムと統合されました。PSAエンジニアリング社のフィールド・テクニカル・リーダであるナイジェル・キャンベル氏は次のように述べています。「施設でシステムを稼働させる準備ができたとき、以前のテストのおかげで変更を加える必要はありませんでした。さらに、制御室には限られたスペースしかありませんでしたが、AADvanceシステムは非常にコンパクトなため、標準のパネルに収めることができました。」

防火およびガス安全コンプライアンス

アップグレードの結果、プラントはIEC 61511 SIL2設計の防火およびガス安全計器システム規制に準拠するようになりました。さらに、このシステムは、ノルウェー石油産業協会のOLFの厳しいガイドラインに適合するように設計されました。OLF-070は、この規格に従って設計された防火およびガス安全システムに高い安全性能目標を設定します。

ロックウェル・オートメーションは、プロジェクトの期間中、包括的なシステムトレーニングとサポートでPSAを支援しました。このコラボレーションにより、学んだ教訓や世界規模で使用されるベストプラクティスを共有できるようになり、石油およびガス市場への効果的なソリューションの提供に役立ちます。

ロックウェル・オートメーションのクイーンズランド州営業マネージャであるウェイン・ペリーは次のように述べています。「プロセス安全に特に焦点を当てた認定システム・インテグレータ・プログラムの一環として、ロックウェル・オートメーションはPSAと長年にわたる関係を結んでいます。私たちは、プロセスソリューションのテクニカルサポートのグローバルネットワークを通じてPSAをサポートします。このサポートは、石油&ガス産業で定義されたプロジェクト成果物の実行を可能にするのに役立ちます。」

ロックウェル・オートメーションについて

ロックウェル オートメーション オーストラリアとロックウェル オートメーション ニュージーランドは、産業オートメーションと情報ソリューションにおいて世界をリードするプロバイダであるロックウェル・オートメーションの子会社であり、製造メーカのビジネスにおける競争上の優位性の達成を支援します。本社は、Allen-Bradley®の制御とサービス、Rockwell Software®の工場管理ソフトウェアを含む産業オートメーションの主要なグローバルブランドを結集しています。その幅広い製品構成には、制御ロジックシステム、センサ、ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)、ドライブコントローラ、パワーデバイス、ソフトウェアが含まれます。

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、産業用オートメーションおよびデジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダです。人々の創造力とテクノロジの潜在力を結びつけることで人の可能性を広げ、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約23,000名の従業員が、世界100カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。製造業におけるコネクテッドエンタープライズ実現の詳細は、当社ホームページをご覧ください。www.rockwellautomation.com

AADvance, Allen-Bradley, PartnerNetwork, Rockwell Automation, およびRockwell Softwareは、Rockwell Automation, Inc.の商標です。

報道関係者からの問い合わせ先:
Christine Filippis
Teraze Communications
61 3 8391 0701
christine@teraze.com.au

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ