Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

レオナルド社はオンボードLNGアプリケーションのためにPlantPAx分散制御システムを導入: 単一プラットフォーム - トータルコントロール

主な理由として挙げられるのは、モジュール性とオープン性、および海軍、石油&ガス処理、およびエネルギーでのロックウェル・オートメーションの経験

課題

  • 2隻のLNGタンカーに、すべてのオンボード制御システムを組み合わせた最新の監視制御システムを供給する。

ソリューション

結果

  • データ取得の増加とコントローラとI/Oモジュール間の交換速度によるコマンド実行速度の向上
  • 最新の、直感的で使いやすいオペレータインターフェイス
  • コントローラと監視システム間の速度が向上したため、グラフィカルなリコールとリフレッシュの速度が向上
  • エネルギー消費の大幅な節約による運用コストの削減

LNG PortovenereとLNG Lericiの2隻の船は、液体天然ガスの輸送用に設計されています。1997年にフィンカンティエリ社によって建造され、その寿命の半部に達したオーナーは、その管理会社であるベルギー企業であるEXMAR Ship Managementと協力して、少なくとも15年寿命を延ばすための重要な全面改修プロジェクトの対象になりました。

このプロジェクトには、ボイラー、ポンプ、タービンの改造に加えて、中央管理システムからタービンやターボポンプに使用されるシステムまで、すべての制御システムの最新化も含まれていました。新しいオートメーションシステムの設計と実装は、イタリア企業のレオナルド(Leonardo)社の安全システムおよび情報部門に割当てられました。ハイテクのグローバル企業であり、航空宇宙、防衛、セキュリティ分野の主要企業の1つである同社は、信頼性に優れたセキュリティシステムとプロセス安全システムの設計とプロビジョニングのリーダです。

ロックウェル・オートメーションのソリューションに対するその深い知識とチームとの長期にわたるコラボレーションに基づいて 、レオナルド社はPlantPAx® DCSによって制御される新しいインフラの導入を選択しました。

課題

液体天然ガスの輸送専用の船で、容量はそれぞれ65,000m3で、レオナルド社はオートメーション制御、センサ、およびフィールド計装に関連した大規模な改造プロジェクトを受けました。

建設時には、LNG PortovenereとLNG Lericiの両方に、当時人気のあったBailey Infi 90システムが装備されていました。これは、その寿命の終わりに旧式のシステムになり、レオナルド社のサービス部門によって保守されていました。旧式のシステムを最新の高性能システムに置き換えたいという要望が、レオナルド社に割当てられたプロジェクトの中心にありました。

中央システムに加えて、それ自体がこれらの船の心臓部であるため、それ自体がすでに課題でしたが、レオナルド社はターボポンプとタービン・オートメーション・システムを対象とする最新化プロジェクトについても契約を結びました。それまでは個別のシステムで管理されていました。特にこれらの船が運航する困難な状況に照らして、廃止され差し迫った故障の危険にさらされていたため、すべてのフィールド計器の交換も必要でした。

しかし、最大の課題は、オーナから与えられた期間に関連していました。経済的な理由から、船舶が運航できない時間はできるだけ短くする必要がありました。これには、ボイラー、タービン、ポンプ、その他の機器の改造と並行してハードウェアとソフトウェアのインストールを進め、そのあとに続く試運転段階を最小限に抑えるために、他の請負業者との完全な調整が必要でした。

また、期間中にすべての内部検査活動をスケジュールする必要があることを考慮する必要がありました。船舶には二重登録があるため、承認機関による外部認証も考慮する必要がありました。具体的には、RINA - Registro Italiano Navale (イタリア海軍登録局)とABS - the American Bureau of Shipping (米国船級局)です。

レオナルド社の国土安全保障&重要なインフラLoB / プロジェクトマネージャであるステファノ・バッチェリーエリア氏は次のように説明します。「これに関連して、非常に多くの変数と厳格なスケジュールにより、最適なソリューションとサプライヤを選択することが重要な要素でした。私たちの時間は非常に制限されていましたが、その一方で、これらの大規模な作業が提供する機会を活用して、既存のソリューションよりも決定的に優れたソリューションをクライアントに提供し、将来の開発を可能にしたいと考えました。」

彼はさらに続けます。「私たちは、あらゆる種類の隠された驚きを持たず、現代性、拡張性、柔軟性の要件を満たすことができる、非常によくわかっているソリューションに傾倒しなければなりませんでした。また、機能安全の管理に関連する高いパフォーマンスレベルを持ち、ハードウェアとソフトウェアの観点から実装が簡単で、最終的に旧式のシステムの新しいシステムへのスムーズな移行を実現できるシステム必要でした。海軍、石油&ガス処理、エネルギーの3つの多様な市場で実績のある経験を持ち、そして何よりもこれらの垂直スキルをプロジェクト全体で共通のスレッドにする能力を備えたサプライヤを見つけることの重要性を当然のことと考えることができませんでした。」

これらすべてに照らし合わせて、レオナルド社はロックウェル・オートメーションとその最新のPlantPAx DCSを選択しました。それは、両方ともすべての要件を満たすことができるからです。PlantPAx DCSは、すべての制御システムを単一のプラットフォームに統合することを可能にしました。現在、船舶の中央制御システムは、タービンとターボポンプと同様に、オートメーション統合システム(AIS)によって管理されています。

レオナルド社の技術者は既にPlantPAxソリューションのハードウェア要素に精通しているため、フィールドを再配線することなく移行プロジェクトを完了できます。さらに、ロックウェル・オートメーションのチームと共同で、船舶向けのソフトウェアソリューションのモックアップが陸上で作成されました。これにより、新しいシステムの機能が以前のレベルと同じであることを確認するための詳細な機能テストを実施する機会が生まれました。したがって、ロックウェル・オートメーションの専門家の助けを借りて、ソリューションと新しい機能の可能な改善を調査することができます。

陸上検査段階は、オンボードソフトウェアが動作可能な状態で試運転段階に達することができ、2つの異なる造船所にある2隻の船舶で作業する問題を克服したため、基本でした。LNG Portovenereの場合は2016年1月にスペインのフェロルにあるナバンティア造船所で試運転が行なわれ、LNG Lericiのソフトウェアは2018年にシンガポールのケッペル造船所の試運転が行なわれました

今日、船舶には、旧システムよりも優れたパフォーマンスを備えた最新のシステムが装備されており、それに伴うすべての利点があります。エネルギー消費も、新しい発電制御システムのおかげで削減されました。”

PlantPAx DCSを使用する決定により、安全に機能する非常停止システムを組み込むことも可能になりました。衛星インターネット接続を備えたリモート・サービス・ラインが設置され、ナビゲーション中に継続的なカスタマサービスを提供するとともに、レオナルド社に運用中に継続的な支援を提供する機会を提供し、メンテナンス担当者へのトラブルシューティングのサポートも提供しました。

結果

バッチェリーエリア氏は次のように述べています。「今日、船には前のシステムよりも優れたパフォーマンスを備えた最新のシステムが装備されており、それに伴うすべての利点があります。新しい発電制御システムのおかげで、エネルギー消費も削減されました。基本的に、PlantPAx DCSを使用することで、2つの利点が得られます。旧式のシステムから最新のシステムへの進化に加えて、今日ではパフォーマンスと速度が向上した3つの個別のシステムではなく単一のシステムもあります。」

すべてのシステムを単一のプラットフォームに統合するということは、単一の監視および制御システムを持つことも意味します。このシステムはFactoryTalk® View SEに基づいており、グラフィックページの更新時間に関してより高速なソリューションであり、オペレータにとってより直感的です。

支援と保守の観点から、現在、船舶には衛星インターネット接続を備えたリモート・サービス・システムが装備されています。したがって、オペレータは必要に応じて継続的な支援を期待できます。もう一つの利点としては、スペアパーツを確保する必要が生じた場合、ロックウェル・オートメーションのようなグローバル企業の場合、船舶がドッキングする多くの異なる国でスペアを利用できる可能性が高くなる点が挙げられます。これは、地中海沿岸から極東、特に中国とインドネシアの間での、これらの船の運用範囲の変化を考慮すると特に当てはまります。

バッチェリーエリア氏は次のように結論付けます。「私たちはPlantPAxのようなオープンシステムを選択して、ロックウェル・オートメーションによってバックアップされた追加の機能をクライアントに提供できるようにしました。また、私たちは10年以上にわたって成功したプロジェクトを開発しており、その使命はR&Dへの投資を継続してクライアントへのサービスレベルを向上させることです。これらすべての要因は、この特定のプロジェクトのさらなる開発と、他のクライアントとの将来のコラボレーションの基礎となります。」

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ