Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

韓国の自動車会社が生産を改善をするために制御システムをアップグレード

과제

  • 老朽化した制御システムをアップグレードして、生産性を高め、総コストを削減し、市場投入までの時間を短縮

솔루션

  • ControlLogix®制御システム - 共通の開発環境で共通の制御エンジンを使用して、使いやすい環境で高いパフォーマンスを提供
  • RSView®32™ - オートメーションマシンとプロセスをモニタおよび制御するための統合されたコンポーネントベースのHMI

결과

  • 現場での配線の削減と平均修復時間(MTTR)の向上
  • ローカルサポートとリモートサポートの改善
  • トラブルシューティングの向上
  • 生産性の最適化と立上げ時間の短縮

この自動車メーカは韓国で主要な事業を展開しており、高度な生産、品質、テスト能力を誇る完全に統合された最先端の製造工場を持っています。

自動車のスペースは、絶え間ない技術変化を経験しており、その混乱は解消が困難な場合があります。自動車製造と産業用モノのインターネット(IIoT)の新しい時代では、自動車のようなものがどのように作られるかを再考する必要があります。

自動車のカスタマイズの動向は、自動車メーカが制御システムをレビューする方法に大きな変化をもたらし、世界中のメーカに影響を与えるリフレッシュレートとポートフォリオの変化を加速しています。

課題

これらのシフトに対応するには、この韓国の自動車メーカは、老朽化した制御システムをアップグレードしてこれらの需要に対応し、新しいテクノロジが提供する生産性を高め、安全性を高め、総コストを削減するのに役立つ速度と変動性を最大限に活用する必要があります。

このアップグレードにより、この自動車メーカは効率を向上させ、柔軟性を向上させて市場投入までの時間を短縮できます。さらに、同社はリアルタイムの情報と分析のために情報技術(IT)と運用技術(OT)を統合することができます。これによって、機械メーカの協調と従業員のトレーニングが増加し、ローカルサポートとリモートサポートが改善されます。

消費者の選択肢が増えることは、製造環境がより複雑になることも意味し、非効率性、エラー、コストの増加の可能性が伴います。特に塗装工場では、プロセスパラメータの制御、サプライチェーンの最適化、品質の一貫性の向上、および規格を満たすことができるソリューションが必要でした。

制御システムのアップグレードの特定の課題として、厳しい納期と生産スケジュールがありました。拡張シャットダウンは許されません。従業員が異なるソフトウェアのバージョンやオペレーティングシステムの互換性の問題を学ぶ必要がある変更については、遅延を引き起こすことなく対処する必要があります。

ソリューション

この会社は、新しい制御プラットフォームとしてControlLogix®システムを選択しました。ControlLogixは、シンプルな開発環境を備えた共通制御エンジンを使用して、使いやすい環境で高いパフォーマンスを提供します。

プログラミングソフトウェア、コントローラ、およびI/Oモジュール間の緊密な統合により、立上げ時や通常動作時の開発時間とコストが削減されます。オペレータは、真の統合システムのために同じシャーシで標準および安全制御を実行し、さまざまなアプリケーションのニーズに対応するために高可用性と極端な環境機能を活用できます。

ControlLogixでは、既存や古いシステムから簡単に移行できます。ロックウェル・オートメーションは、ネットワーク全体に影響を及ぼす完全シャットダウンや拡張シャットダウンだけではなく、ネットワークに影響を与えることなく定期的なスケジュールで部分的なシャットダウンを計画および実行できました。各メイン・コンベア・パネルは、プラントの定期的なシャットダウン日に個別に試運転され、生産スケジュールへの影響を回避しました。

結果

ControlLogixへのアップグレードの結果、この会社は次のような大きなメリットを得ることができました。

  • ローカルI/OをリモートI/Oに変換することで、現場での配線の削減と平均修復時間(MTTR)の向上
  • 低速のDH+/RIOネットワークを高速のイーサネットネットワークに変換することで、通信速度を向上し、約10分から1分未満へとトラブルシューティング時間を短縮
  • ControlLogixテキストベースのファイルアドレス指定システムによって、オペレータはプログラムを簡単に更新できる
  • ControlLogix 1756-L71コントローラの使用により、さまざまなコントローラの在庫ニーズが削減され、在庫管理が向上
  • オートメーションマシンとプロセスをモニタおよび制御するためにRSView®32™に統合されたコンポーネントベースのHMIを使用することで、フォルトモニタと表示が向上し、MTTRを短縮
  • Studio 5000®環境は、エンジニアリングと設計要素1つの標準フレームワークに組み合わせて、生産性を最適化し、立上げ時間を短縮

 

ここで紹介した成果は、上記企業での配備されたロックウェル・オートメーション製品およびサービスをその他の製品と併用した結果です。実際の成果は事例ごとに異なる場合があります。

CompactLogix, RSView 32, Rockwell Automation, およびStudio 5000は、Rockwell Automation Inc.の商標です。
Rockwell Automationに属していない商標は、それぞれの企業に所有されています。

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ