Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

インテリジェントモータ制御が爆発物製造工場に情報と安全を提供

ヨーロッパの新しい爆発物製造工場は、オーストラリアの最新のモータ制御技術に投資

課題

  • 最新のインテリジェントモータ制御技術を活用する新しい爆発物製造工場の機器を設計および構築する。

ソリューション

  • インテリジェントモータ制御 - Rockwell Automation®のコネクテッドコンポーネントとArcShield™保護を搭載したAllen-Bradley®のCENTERLINE® 2500 MCCは、高度なモータ制御を提供
  • 輸送と組立が簡単 - 完全なシステムはコンテナ化されたソリューションとして構築され、ヨーロッパに梱包されて出荷される前に組み立てられ、テストされた。

結果

  • エンジニアリング時間の短縮 - 出荷前にエンジニアリングとテストが実施され、到着時に簡単に立上げ可能
  • 安全でスマートな生産 - ソリューションには、高度な安全、オートメーション、および制御が組み込まれている。

オーストラリアの爆発物製造業界は、爆発物の製造におけるグローバルリーダとの評判を得ており、オーストラリア国内および世界中の爆発物業界に必要なインフラと機器を提供しています。

International Explosives Equipment (IEE)社は、世界をリードする鉱業用爆発物製造業者およびサプライヤです。同社は、西オーストラリアのカスタムビルドの施設で製造しています。

IEEは、東ヨーロッパの遠隔地に新しい爆発物製造工場を建設するという任務を課されたとき、対処すべき規制および環境上の考慮事項が数多くあることを知っていました。

IEEは、オーストラリアのパースを拠点とするロックウェル・オートメーションのシステムインテグレータであり、産業オートメーション、制御システム、およびサービスのプロバイダとして認められているAuto Control Systems (ACS)社に依頼しました。ACSは、プロジェクトの範囲内で、プラントの自動化および電気コンポーネントの提供を担当しました。

プロジェクトの成功の鍵は、独特の環境要因と輸送物流を考慮しながら、プラントの生産要件を満たす爆発物設備を設計および構築することでした。

インテリジェントモータ制御

モータ制御技術は急速に進歩し、デバイス間の緊密な統合とデータへのアクセスを提供しています。これらの進歩により、運用の最適化に役立つ実用的な情報を提供しできるようになりました。

ACSのエンジニアリングおよび運用マネージャであるアンドリュー・テイラー氏によると、「世界中のお客様は、モータ・コントロール・センター(MCC)や安全に関するIEC規制を含む国際規制をさらに意識するようになっているため、これらの基準を満たすソリューションを求めることが増えています。」

IEEACS、およびエンドユーザは、高レベルの安全、オートメーション、および制御を組み込んだ生産設備を運用するためのプログラミング要件について協力しました。

Allen-Bradley®のCENTERLINE® 2500 MCCは、このアプリケーションに最も適した選択肢として選択されました。MCCは、E300™電子過負荷リレーPowerFlex® 525および753ドライブを含むすべてのロックウェル・オートメーションのコネクテッドコンポーネントの完全な範囲をイーサネットバックボーンに搭載しています。

「海外のお客様にとって重要な考慮事項の1つは、現地で機器のサポートを見つけることができるかです。ロックウェル・オートメーションは、設置ベースが広く、世界中でサポートされているため、問題が発生した場合でも安心できます」と、アンドリュー氏は説明しました。

潜在的なダウンタイムを最小限に抑えるために、MCCは、2台の個別のCompactLogix™コントローラと2台のPanelView™ターミナルを備えた2つの完全に独立したシステムとして組み立てられました。

各システムは2つの異なるプロセスの実行を担当していたため、1つのシステムがメンテナンスを必要とする場合、プラントの他の部分は中断することなく稼働し続けることができます。

アンドリュー氏は次のように述べています。「CENTERLINE MCCは、メンテナンスのためにコンポーネントを取り外し、ドアを閉じ、オペレータに危険を及ぼすことなく運転を継続する機能も提供します。古いMCCの場合は、問題のコンポーネントを処理している間、システム全体をシャットダウンする必要がありました。」

アンドリュー氏は次のように説明します。「このソリューションはStudio 5000®を使用して開発され、PlantPAx®ライブラリの側面も組み込まれました。温度、圧力、流量の機器は、すべてエンドレス・ハウザー社が提供し、ロックウェル・オートメーションのシステムと統合されています。」

プラントではイーサネット通信を使用して、ロックウェル・オートメーションのコネクテッドコンポーネントと、ロックウェル・オートメーションの戦略的アライアンスパートナであるエンドレス・ハウザー社のマスフローメータのためのプライマリ統合統合機能を提供しました。

完全なシステムはコンテナ化されたソリューションとして構築され、ヨーロッパに梱包されて出荷される前に組み立てられ、テストされました。現地に到着すると、システムはエンドユーザのプラントとACSのエンジニアによって設置され、立上げが行なわれました。

安全第一

MCCはオペレータの近くで動作しているため、ロックウェル・オートメーションのコネクテッドコンポーネントに加えて、ArcShield™保護が含まれています。ArcShieldは、アークフラッシュの危険を減らし、電気アーク故障に対する保護を強化します。

MCCはIntelliCENTER®テクノロジも搭載しており、内蔵されたネットワークを使用してMCCのインテリジェンスを強化し、予測メンテナンス、プロセスモニタ、高度な診断に使用できる情報を取得します。

イーサネット経由でモータ制御装置を接続すると、オペレータはいつでもどこからでも稼働をモニタおよび分析することにより、コネクテッドエンタープライズのメリットを実現できます。

IEC61439を介した国際認証とArcShield保護を組み合わせることで、運用スタッフに最高レベルの保護を提供する優れた製品を購入しているという安心感を得ることができました」と、アンドリュー氏は説明しました。

彼は次のように述べています。「さらに、MCCの一部として含まれている機器により、高いカテゴリの機械安全を達成することができました。例えば、安全トルクオフを搭載したPowerFlex 525ドライブを使用すると、ドライブにハードウェアを追加することなくカテゴリ3の機械安全を達成できます。」

ACSは、エンジニアリングの専門知識を活用して、ライトと配電シャーシ、デュアルCompactLogixコントローラとStratix®スイッチを含むPLC層、カスタム・ヒート・トレース制御キュービクルなど、いくつかのカスタム選択を組み込みました。

すべてのモータ制御装置には、MCCの前面にパフォーマンス情報を表示するための外部ハードウェア・インターフェイス・モジュールがあります。

コラボレーションによる成功

ACSは、南太平洋地域のパワー分野における最初の認定システムインテグレータ(RcSI)です。同社は、Allen-BradleyCENTERLINE 2500 MCCを実装した世界で最初に認められた低圧(LV) MCC SIでもあります。

ロックウェル・オートメーションのPartnerNetwork®プログラムの一部であるシステム・インテグレータ・プログラムは、最適なソリューションについてアドバイスおよび提供することにより、生産上の課題の解決を支援できる有資格パートナを教育および生産するように設計されています。

この分野では、ACSはロックウェル・オートメーションのIntegrated Architecture® (統合アーキテクチャ)プラットフォームを活用した低圧MCCソリューションの提供にフォーカスしています。

ロックウェル・オートメーションの西オーストラリアのステートマネージャであるマイケル・マッセイによると、「このプロジェクトはACSとの関係における重要なマイルストーンであり、工場で裏付けされた有能なLV MCC認定システムインテグレータによって現地でカスタマイズおよびサポートできる包括的なタイプテスト済みのインテリジェントMCCソリューションを提供することで、市場の要件に対応する柔軟性を提供します。」

LV MCCパワー・システム・インテグレータ・プログラムは相互に有益な関係を提供します。これにより、ACSおよびロックウェル・オートメーションのお客様は、テクノロジを構成および利用して、コネクテッドエンタープライズを活用し、運用要件および生産性要件を満たすことができます。

Allen-Bradley, ArcShield, CENTERLINE, CompactLogix, E300, IntelliCENTER, PanelView, PartnerNetwork, PlantPAx, PowerFlex, Rockwell Automation, Rockwell Software, Stratix, およびStudio 5000は、Rockwell Automation, Inc.の商標です。

Rockwell Automationに属していない商標は、それぞれの企業が所有しています。

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ