Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

フレキシコン社は、Connected Components Workbenchソフトウェアでアジャイルなバルクハンドリング装置に対する需要の高まりに対応

課題

  • 市場投入までの時間が長く、エンジニアリングコストが高く、柔軟性に欠ける。

ソリューション

結果

  • 注文の管理部分の設計とテストの時間を短縮し、コストを最小化
  • 再現性と信頼性の高い制御アプリケーション
  • 市場投入までの時間を短縮し、エンジニアリングコストの削減
  • 非常に柔軟で構成可能な機械設計

背景

フレキシコン(Flexicon Corporation)社は、バルクハンドリング装置およびカスタムエンジニアリングされ統合されたプラント全体のシステムの設計と製造の世界的リーダです。フレキシコン社のソリューションは、使い捨てやスタンドアロンユニットから、会社のシステムを他の製造メーカのシステムと統合する統合されたプラント全体のシステムにまで及びます。

フレキシコン社の製品は、個々の機器から、内部および外部の工場の場所からバルク材料を調達し、プロセス機器と貯蔵容器の間で輸送する自動化されたシステムにまで及びます。自動化されたシステムは、計量し、ブレンドし、包装ライン、押出機、成形機、貯蔵容器に供給し、鉄道車両やトレーラーに積み込みます。フレキシコン社は、自動化された、プラント全体のバルクハンドリング(一括処理)、システム、および処理システムのカスタムエンジニアリングも可能です。

フレキシコン社の世界的な試験施設は、実物大のお客様の装置とシステムをシミュレートし、製造前に性能を検証し、訪れたお客様のために新しく建設された装置を実証し、新しい設計の性能を研究します。

米国ペンシルベニア州ベツレヘムのフレキシコン社の施設は、同社の世界本社です。制御および自動化を含むシステムは、英国、南アフリカ、オーストラリアの製造施設と同様に、ここで設計および構築されています。

設備とシステムに対する高まる需要に応えるために、フレキシコン社は本社の生産施設の規模を2倍にし、制御およびオートメーションチームを拡大しました。そのため、フレキシコン社は、標準的な製品ライン管理のための費用対効果の高い柔軟なソリューションを必要としていました。

課題

フレキシコン社の重要な差別化要因は、プロセッサのますます複雑なニーズを満たす能力です。大口顧客は、通常、複数の成分の混合およびバッチ処理機能を必要とします。すべてのタイプとサイズのプロセッサは、オペレータが基本的な機械操作にアクセスできるように階層化できる制御を要求し、管理側は設定、タイマ、およびレシピ管理にアクセスできます。

ボタンを数回押すだけで何百もの多成分レシピを保存および取得するなどの時間節約機能が標準として期待されています。データは、取得して分析できるようにログに記録する必要があります。制御パネルは、直感的で使いやすく、プログラムされた状態で施設に届けられ、設置の準備ができていることが期待されます。また、フレキシコン社で構築された装置とフレキシコン社以外の処理システムを簡単に統合できる必要があります。

従来、装置の試運転はプロジェクト主導型であり、各システムをプログラムするオートメーションエンジニアが必要でした。これらの課題を一緒に解決しようとする積極的な願望を通じて、フレキシコン社はプロセスを最適化し、障壁を取り除くためにロックウェル・オートメーションに働きかけました。

ソリューション

フレキシコン社は、Connected Components Workbenchソフトウェアを活用して、コントローラのプログラミング、デバイス構成、およびヒューマン・マシン・インターフェイス統合のための統合ツールセットにより、スタンドアロンのマシン開発を簡素化します。

フレキシコン社のチームは、設置が簡単なMicro820およびMicro850コントローラを選択しました。Micro820コントローラは、柔軟な通信とI/O機能を必要とする小型のスタンドアロンのマシン制御およびリモート・オートメーション・アプリケーション向けに設計されています。Micro850コントローラにも同じ機能がありますが、大型のスタンドアロンマシン用に設計されています。

PanelView 800グラフィックターミナルは、小型コントローラと互換性のあるディスプレイサイズのキーパッドタッチスクリーンを提供します。高性能のプロセッサと高解像度のディスプレイを備えた、内蔵のイーサネットおよびシリアル通信ポートは、さまざまなネットワークをサポートし、リモートモニタ機能により使いやすさを向上させます。

結果

フレキシコン社の目標は、フットプリントが小さい共通のツールセットを使用して、各製品内のさまざまなオプションに対応する柔軟なソリューションを作成することでした。彼らは、Connected Components Workbenchソフトウェアを介してこの目標を達成しました。コンセプト開発と最初の推奨に加えて、ロックウェル・オートメーションはフレキシコン社のチームに、ソフトウェアの汎用性と機能に慣れるために必要なトレーニングを提供しました。

フレキシコン社は、システム配備の時間に大きな影響を与える構成可能なプログラムを設計することができました。担当者は技術者ではない場合があり、保存されたプログラム、IPアドレス、および基本レシピ設定を備えたmicroSD™メモリカードを使用して、パスワードで保護された画面にアクセスし、エンドカスタマの要件に合わせて設定を完了できます。

Connected Components Workbenchソフトウェアの導入以来、フレキシコン社は積極的に前向きな開発に集中できるようになり、お客様に革新的な機能を提供し、将来の既存のインストールベースに容易に展開できるようになります。

このソリューションにより、フレキシコン社は、注文の管理部分の設計とテストに費やす時間と費用を削減できます。フレキシコン社は、市場投入までの時間とエンジニアリングコストを削減しながら、再現性と信頼性の両方を備えた制御アプリケーションを作成できるようになりました。

上記の結果は、フレキシコン社での配備されたロックウェル・オートメーション製品およびサービスをその他の製品と併用した結果です。実際の成果は事例ごとに異なる場合があります。

 

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ