Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

DELIN Elettronica社がPlantPAx DCSを導入

課題

  • 最終顧客が課した技術仕様は、SIL 2レベルでの安全管理、完全な冗長性、Foundation Fieldbusでのスマート機器管理など、制御システムアーキテクチャの大幅な進化を要求

ソリューション

  • 冗長構成でのリモートI/O
  • DLRテクノロジを備えたEtherNet/IPインフラ
  • ロックウェル・オートメーションのプロセスオブジェクトのライブラリ
  • 標準およびSIL2構成のハイエンド・プロセス・コントローラ
  • Foundation Fieldbus

結果

  • プロジェクトの標準化
  • 機器診断でのリアルタイム情報の可用性
  • Fieldbus Foundationでのスマート機器管理
  • SIL 2準拠の安全管理
  • 将来のプロジェクトのための長年のコラボレーションのさらなる強化

背景

DELIN Elettronica社は、イタリアのモデナに本社を置くシステムインテグレータです。

同社は1983年に産業オートメーション用の電子システムのディストリビュータとして設立され、販売からエンジニアリングに焦点を移し、現在、オートメーションとプロセス制御アプリケーションの両方でシステム統合機能を提供しています。

同社は最近、ナイジェリアのオトゥマラの抽出施設内のガス脱水、グリコール再生、低温分離用の設備でロックウェル・オートメーションの機器を使用して成功を収めています。

2011年末に始まったこのプロジェクトでは、ロックウェル・オートメーションとDELIN Elettronica社のコラボレーションがすぐに見られました。

それは、最終顧客によって課された重要な標準化に直面した2012年に激化し、そのため制御システムアーキテクチャに関連する進化が必要となりました。

ロックウェル・オートメーションのPlantPAx®分散制御システム(DCS)は、その現代性、スケーラビリティ、および柔軟性と、危険な領域でのプロセスおよび安全管理を提供する機会が組み合わさったため、推奨されました。

課題

抽出すると、生の天然ガスは水蒸気で飽和し、脱水する必要があります。

この水のほとんどは、ガスの圧縮と液体の形で専用パイプラインを介して貯蔵タンクに輸送する前に除去する必要があります。

脱水プロセスは抽出部位で行なわれ、ほとんどの場合、グリコールを使用して行なわれます。

この特定のケースでは、トリエチレングリコール(TEG)が展開されます。トリエチレングリコールはより高い純度レベルで再生されるため、プロセス中に、グリコールが他のジオールよりも低い蒸気レベルで損失することを受け入れます。

脱水プロセス中のそのような達成可能な純度レベルが高いことと損失が少ないことにより、効率が向上し、プロセスコストが削減されます。

脱水プロセスに使用される機器は一般的に同じですが、使用されるサブシステムのタイプによっては、設置に関連する変更がある場合があります。

この特定のプロジェクトでは、3つのカスタマイズされたパッケージが配備されました。1つは脱水用、1つはグリコール再生用、もう1つは低温での分離専用です。

これらのユニットは、以前は焼失していた炭化水素の商業化を目的として、オトゥマラノードプロジェクトの不可欠な部分として設置されます。

パッケージは危険な領域での屋外使用を想定して設計および設計されており、支柱に取付けられ、ニジェール川デルタの分岐の1つにある複雑な鋼構造物に設置されました。

DELIN Elettronica社はプロジェクトの初期段階に関与していました。製造メーカは当初、最小限のオートメーション制御に基づいて設備を提供することを考えていたため、標準のプロセス機器が必要でした。

最初のアイデアには、コントローラとオペレータワークステーション(OWS)を含むロックウェル・オートメーションシステムがすでに含まれていました。

2012年、エンドユーザは標準化を課しましたが、これには制御システムアーキテクチャの大幅な進化が必要でした。

技術仕様では、ハードウェアとソフトウェアを2つのメインシステム(プロセス・オートメーション・システム(PAS)と安全計装システム(SIS))に分ける必要がありました。

さらに、PASシステムとSISシステムの両方で、SISTUV仕様に準拠したSIL2準拠と、CPU、通信、I/O冗長性を備えた高可用性が必要になりました。

スマートフィールド機器の管理のために、冗長リンクデバイスとHARTプロトコルを備えた冗長アナログI/OカードでFoundation Fieldbusテクノロジの使用が要求されました。

プラントのDCSへの冗長OPC通信リンクは、動作状態のリモートモニタと制御、およびシステム全体の同期のために、2台の産業用PCを介して要求されました。

ソリューション

高度な機能と優れた柔軟性のおかげで、スペアパーツと技術サポートを提供するロックウェル・オートメーションのグローバルな機能のおかげで、DELIN Elettronica社は、EtherNet/IP™ネットワークインフラとFieldbus Foundationに基づくPlantPAx分散制御システム(DCS)を選択することに疑いの余地がありませんでした。

情報の管理におけるFieldbus Foundationテクノロジの信頼性とPlantPAxとのシームレスな統合は、プロジェクトの成功の鍵でした。

標準的で複数の専門分野にわたる制御アーキテクチャで設計されたPlantPAxシステムは、プロジェクトの要求に応じて、さまざまなサブシステムとコンポーネント間の強力な統合を可能にしました。

ロックウェル・オートメーションのプロセスオブジェクトのライブラリを使用する可能性により、すべてのプロセス変数、およびHARTとFoundation Fieldbusを使用したフィールド機器、デバイス、モータ、バルブアクチュエータの正確で細かい制御と診断を簡単に実装できました。

プロセスオブジェクトのライブラリの柔軟性とオープン性により、DELIN Elettronica社はプロジェクト固有の要件を満たす特定のカスタマイズされたファンクションブロックとフェイスプレートを開発できました。

DELIN Elettronica社の技術スタッフは、ロックウェル・オートメーションのグローバルな製品の専門家によって常にサポートされています。

結果

ロックウェル・オートメーションのプロセスオブジェクトのライブラリのおかげで、DELIN Elettronica社は、さらなる石油&ガスのアプリケーションの基盤として使用するために、プロジェクトの標準化を強化することができました。

この成功経験は、ロックウェル・オートメーションとのコラボレーションをさらに強化し、石油&ガス業界だけでなく、他の市場でも新しい共同の機会を提供しています。

PlantPAxソリューションにおける新しいFoundation Fieldbusアーキテクチャの最初の実装例の1つであるロックウェル・オートメーションのサポートは、システムを管理および構成するために、DELIN Elettronica社にとって不可欠でした。

PlantPAxFoundation Fieldbusテクノロジを使用することで、システムに完全に統合されたツールを使用して、ソフトウェア開発中にDELIN Elettronica社が複数の統合インターフェイスを管理できるようになりました。

統合すると、機器の診断に関する関連情報が生成され、メンテナンスの予測評価機能が提供されます。

これらすべてが、総所有コスト(TCO)と資産活用の最適化の両方にプラスの結果をもたらします。

PlantPAxRockwell Automation, Inc.の商標です。

EtherNet/IPODVA, Inc.の商標です。

Rockwell Automationに属していない商標は、それぞれの企業が所有しています。

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ