Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

データ共有は、Hydro Extrusion & Components Nenzingのメンテナンスに革命をもたらす

大手押出会社は、集中管理された運用データを活用して、メンテナンス操作を強化

과제

  • Hydro Extrusion & Components Nenzingは新しいテクノロジの機能を活用したいと考えており、その洞察を最大限に活用するために、結果のデータも管理する必要があることに気付きました。

솔루션

  • ThinManager - ロックウェル・オートメーションのソリューション

결과

  • 変数とパラメータの即時評価による製品品質の向上
  • 予期しないダウンタイムによる製造の損失を回避することによって効率とサステナビリティを向上
  • ライン側のHMIやオンピュータからだけではなく、どこからでもデータにアクセスできることによる、安全レベルの向上
  • サーバの一元化によるデータ管理の簡素化

現代のコネクテッドマニュファクチャリングの状況から見ると、おそらくエンジニアが所有できる最も重要な資産はデータです。具体的には、重要な運用上の意思決定を行なうことができるリアルタイムの有益で適切な製造データは、生産にプラスの影響を与えるのに十分な速さがあります。

しかし、スマートマニュファクチャリングのオペレーションの一環として、データの収集とデータが流れる相互接続された経路は、物語の半分にすぎません。適切な人に適切なタイミングで適切な形式で提示できない限り、その効果は失われます。そのため、データ配信を厳密に制御することが不可欠です。

単一のHMIを備えた小規模なマシンでは、データの提示は比較的簡単です。しかし、数千ものデータポイント、複数のプロセスステップ、幅広いオペレータとそれに関連する役割を持つ大型のプラントを剣する場合は、適切なデータを適切な人々に配信する作業はこれまでにないレベルの複雑さを伴います。

これは、アルミニウム、製品、押出のグローバルサプライヤであるHydro社の一部であるHydro Extrusion & Components Nenzing (ハイドロエクストルージョン&コンポーネンツ ネンツィング)が直面する問題であり、その活動を要約すると次のようになります。「クルーズ船からLEDライト、窓、エアコン、その間にある数百の製品まで、Hydroの専門家は、あなたの世界を形作る部品を設計、押し出し、製造を支援します。」

課題

Hydro Extrusion & Components Nenzingの製造マネージャであるエーリヒ・マーチャート氏は、次のように説明しています。「問題のプラントには、約40,000m2の設備が設置された3つの押出プレスラインがあります。これらのラインは、年間約46,000トンのアルミニウムを処理でき、1日当たり250もの異なる製品を使用して30,000を超えるさまざまな押出アルミニウムプロファイルを作成しています。製品の多様性を高めるには、より高い柔軟性と俊敏性が必要であり、これはより多くのデータに依存し、生成するものです。

彼は次のように続けます。「提供できるプロファイルの詳細、グレード、複雑さは増加し続けており、ハイドロ自体の品質に対する期待は年々高まっています。私たちが確立した立場は、私たちのプラントのメンテナンスをさらに最適化する必要があることを意味します。指定された特性を満たすための配信速度と信頼性に関するお客様の期待は、新しい方法によって促進されています。そして、センサ、IIoT、小型化などの新しいテクノロジから生じる可能性をできるだけ早く活用して、市場のリーダを成長させ、維持したいと考えています。」

新しいスマートテクノロジの導入により、Hydro社は豊富な追加の運用データにアクセスできるようになりましたが、このデータと従業員がモバイルで柔軟な方法で提供する洞察にアクセスできるようにする必要があることに気付きました。

ソリューション

Hydro社は、ロックウェル・オートメーションのThinManager®テクノロジを導入することで、このサイズのプラントでのデータ量と支出に関する問題を解決しました。

ThinManagerソリューションは、Hydro社が運用データの管理と視覚化を一元化し、制御室からラインのそばにいるオペレータに至るまで、製造オペレーションのすべての面と共有します。ワークフローの合理化に加えて、インタラクティブなハードウェアの操作と保守費用の削減にも役立ちます。

マーチャート氏は、次のように付け加えています。「中央のリソースを使用して、オペレータとメンテナンス技術者は、標準のITインフラとは無関係に、現場でモバイル装置を使用して情報を入力および受信します。サーバはアプリケーションを反映して、オペレータに必要な情報、必要な場所、必要なタイミングを正確に提供します。例えば、変数の処理が不安材料となった場合、またはアラームが発生した場合は、オペレータにはそれぞれの役割に合った形式で即座に通知され、品質またはスループットへの悪影響を防ぐための是正措置が迅速に行なわれます。」

結果

「データとその処理がシステムのパフォーマンスに与える影響は計り知れません」と、彼は説明します。

  • 測定値の関連する関係を直接表すことができることによる、品質。例えば、偏差はコンポーネントの摩耗を示している可能性があり、すぐに対処できます。
  • 信頼性が高く正確なプロセスと機器のおかげで、生産の損失を回避することによる、効率とサステナビリティ(持続可能性)。すべての資産を非常に注意深く監視することで、問題はより迅速に解決され、時間、原材料、およびエンジニアリングの労力の無駄が少なくなります。
  • 安全。これは、Hydro社が、従業員が情報を取得することに関連する製造環境での移動量を削減できたためです。例えば、多くの場合、従業員は施設内の階段または狭い道で他の人員を追い越さなければなりませんでした。

マーチャート氏は、次のように詳しく説明しています。「ThinManagerの最大の利点は、異なるプラットフォームとレイヤのシステムを素早く簡単に1つのデバイス上で表示できることです。タブレット、スマートフォン、またはノートブック型コンピュータであろうが、オペレーがオフィスにいるかどうかに関係なく、プログラムはいつでも独立して使用できます。また、当社のSAPシステムを含むサードパーティの他のソフトウェアパッケージとも対話できます。」

さらに、次のように付け加えています。「当社の主な保守目標は、信頼性エンジニアリングとゼロパーセント障害戦略に集中しており、当社の生産活動がこのアプローチから大きな利益を得ると確信しています。」

彼は以下のように結論付けています。「私たちはロックウェル・オートメーションと20年以上にわたって関係を築いてきましたが、この関係が始まって以来、私たちが下した決定を変更するつもりはありません。ロックウェル・オートメーションとPTCの関係の結果を使用して、拡張現実(AR)プロジェクトを追加し、さらにシステムを開発していくことも検討しています。私たちはFactoryTalk Analyticsも検討しています。これはデジタル化を中心とした他の多くの小規模プロジェクトと一緒にすぐにテストされます。」

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ