Loading

ケーススタディ

Recent ActivityRecent Activity

Asytec社のスマートな種子包装機は、より高い精度とスループットを実現

課題

  • カスタマイズされた包装を促進し、生産性を向上させる柔軟性を備えた革新的な種子包装機を設計する。

ソリューション

  • Allen-Bradley®のCompactLogix™プログラマブル・オートメーション・コントローラはプライマリマシン制御を提供
  • Micro800™コントローラはイーサネットネットワーク上で制御と安全を提供
  • 安全トルクオフを備えたPowerFlex® 525ドライブは統合されたモータ制御と安全を提供
  • FactoryTalk® Viewはリアルタイムの可視性を提供し、新しい品種の開発で植物育種家が使用するカスタムデータベースからデータを受信

結果

  • 自動種子包装 - 優れた効率、信頼性、精度を実現
  • スループットの向上 – 種子を最大5倍高速でパックできる
  • 手作業による処理要件の削減
  • グローバルなサービスおよびサポート - 種子包装機は、ロックウェル・オートメーションのハードウェアとソフトウェアを使用して、対象地域やグローバルな安全規格を満たすようにカスタマイズ可能
  • グローバルなサービスおよびサポートへのアクセス

自動化された種子包装機により柔軟性が向上し、手作業の削減を支援

世界人口の増加の結果として、穀物、油、野菜の需要は大幅に増加し続けています。これは、次々と種子市場の促進要因になっています。実際に、最近の産業レポートでは2018年の種子市場の価値は597億1000万ドルと推定されています。これは2024年には903億7000万ドルに達すると予想されています。これは、2019年から2024年の予測期間中に7.9%のCAGRです。

この増加する市場の需要を満たすために、種子製造業者は自動化の進歩を活用しています。種子包装の困難な自動化および制御要件に対処するには、製品および包装要件の変化に対応するための専門知識と柔軟性が必要です。

本質的に、製品と包装の要件の違いにより、種子の包装で可能な自動化のレベルが制限されています。ただし、手作業での取り扱いは、種子メーカの生産能力と消費者の需要の増加に対応する能力を妨げていました。

南オーストラリアに拠点を置くオートメーションの専門家であり、機械メーカであるAsytec社は、市場機会を認識し、グローバルな安全規格を満たし、最新のオートメーション技術を活用し、種子メーカにターンキーソリューションを提供する種子包装機を開発するための投資に踏み切りました。

種子包装成功の青写真

Asytec社は、ロックウェル・オートメーションの認定システムインテグレータであるデマテック・オートメーション社と長年にわたって親密な関係にあり、自動シードパッカーの電気および制御システムの設計支援を求めました。

今日の種子メーカは、消費者の需要の高まりに応える製品を提供すると同時に、数量と種子の種類に関する特定の要件を満たすためにカスタマイズされた包装を容易にする柔軟性を提供することが求められています。デマテック・オートメーション社のCEOであるデビッド・ハート氏は、ロックウェル・オートメーションの緊密に統合されたアーキテクチャソリューションがこのアプリケーションに理想的であることを知っていました。

オペレータの安性が最も重要であり、ロックウェル・オートメーションのプログラム可能な安全プラットフォームにより、機械の生産性に悪影響を与えることなくPLd / SIL2カテゴリ3認定を取得できました。ハート氏は次のように述べています。「新しい種子包装機は、大量の種子をプラスチックマガジンに自動的に包装するように設計されており、手作業の必要性を最小限に抑えています。そのため、マシンの制御と自動化は、その運用の成功に不可欠でした。」

機械の中核はネットワーク上で稼働するAllen-Bradley®の制御スイートです。プライマリ制御はCompactLogix™プログラマブル・オートメーション・コントローラによって提供され、セカンダリ制御と安全はMicro800™コントローラによって提供されます。安全トルクオフを備えたPowerFlex®525可変周波数ドライブにより、柔軟なモータ制御が実現しました。PowerFlexドライブは、Logix環境とのシームレスな統合を提供しました。

デマテック・オートメーション社のマネージングディレクタであるティム・バブ氏は次のように説明しています。「ソリューションによって提供される統合と安全機能に加えて、機械設計におけるこれらの製品の柔軟性によって、OEMアプリケーションで重要な考慮事項であるエンジニアリング時間を20%近く短縮することができました。」

ばらつきおよびトレーサビリティ

トレーサビリティは、農業産業に課題を提示し続けています。製造メーカは、種子情報を収穫までさかのぼって、信頼できる記録を保持できることを求めています。

植物育種家にとって成果を上げるためには、各試行バッチで各雑誌に掲載される種子の種類と量の正確さとトレーサビリティが不可欠です。そのため、システムソフトウェア、モーションコントロールのハードウェア、および外部データベースの統合は、非常に正確で信頼性が高いことが重要になります。

最新のインテリジェント・ソフトウェア・ソリューションによって提供される利点は、手作業で記録を保持する必要がなくなることです。新しい種子包装機はFactoryTalk® Viewを利用してトレーサビリティ要件に対処します。さらに、FactoryTalk Viewはリアルタイムの可視性を提供し、新しい品種の開発で植物育種家が使用するカスタムデータベースからデータを受取ります。

スマートな種子包装機

製造メーカはAsytec社のスマートで自動化された種子包装機から成果を得ることができました。正確な測定、スループットの改善を提供することにより、効率と信頼性を向上させ、梱包エラーをなくします。実際、種子包装機は、種子を最大5倍高速で、より優れた標準のバラエティランダム化で包装する機能を備えています。

このマシンの重要な特長は、同じ機器を使用してさまざまな種類の種子をパックできる柔軟性です。Asytec社の種子包装機は、既存の種子プロファイルを上書きするオプションを使用して、重さの見積もりや進行状況を含む視覚的なフィードバックを提供します。データベースは、各種子の品種がパックされると動的に更新されます。

Asytec社の種子包装機は、オートメーション技術を適用して製品と包装の要件の変化に対処し、人為的ミスと相互作用を最小限に抑える方法の明確な例です。これは、種子メーカに、グローバルな競争の激化に先んじるために必要な競争力を提供するのに役立ちます。

Asytec社、デマテック・オートメーション社、およびロックウェル・オートメーションの間のコラボレーションにより、種子包装業界に向けた業界をリードするOEMソリューションが完成しました。Asytec社のマネージングディレクタであるブラッド・ナンカロウ氏は次のように述べています。「私たちにはSeedpackersを世界中の場所に展開したいと考えている主要なクライアントがいます。つまり、グローバルサービスおよびサポートネットワークへのアクセスを含むロックウェル・オートメーションのテクノロジのパフォーマンスの信頼性が必要です。」

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ