Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

水/廃水処理: 低高調波ドライブによる歪みの排除

長い間水と廃水の操作に問題を抱えていた汚染物質があり、水中では見つかりません。

高調波歪みは、電源線上の汚染物質のようなものです。電気機器の動作に不安定になったり、停止したりする可能性があり、計画外のダウンタイムが発生することがあります。また、水処理システムの最適化をより困難にすることで、労働者を苛立たせることがあります。

IEEE 519規格は、業界に5%以下の全高調波歪みという達成すべき目標を与えています。問題は、運用へのリスクまたは影響を最小限に抑えて、この目標をどのように達成するかです。

答えは、結局のところ、ドライブの緩和技術です。

含まれるソリューション

低高調波緩和機能を搭載した低圧ACドライブには、他の緩和ソリューションと比較していくつかの利点があります。

何よりもまず、高調波歪みの影響を軽減して、IEEE 519規格への準拠を支援します。しかし、高調波フィルタや18パルストランスなどの外部デバイスを使用する場合と比較して、パネルとフロアを節約できます。また、これらのデバイスに伴う配線コストと設置時間を削減します。

また、ドライブ内ソリューションは、ドライブメーカに緩和策を管理する負担を負わせます。

つまり、水と廃水の処理操作で稼働する場合、ドライブ自体を超えて追加のテクノロジを指定、インストール、維持する必要はありません。また、トランスの熱によって引き起こされる可能性のある効率の低下など、ドライブのパフォーマンスに影響を与える新しいテクノロジについて心配する必要がないことも意味します。

ドライブ内ソリューション

アクティブ・フロント・エンド・テクノロジを備えた低圧ACドライブは、ドライブ内部で検出された高調波歪みが幅広い電気ネットワークに影響を及ぼすことを防ぐことができます。

ドライブのいくつかの重要なコンポーネントがこれを実現します。まず、LCLフィルタは低調波機能を提供し、ユーティリティグリッド(電力供給網)への現在の歪みを最小限に抑えます。また、ライン側コンバータは、高調波歪みなしでエネルギーを引き出し、DC電力に変換します。

もちろん、高調波緩和はこれらのドライブから得られる多くの利点の1つにすぎません。

例えば、ドライブのアクティブ・フロント・エンド・テクノロジはエネルギーコストの削減にも役立ちます。回生機能を提供できるため、剰エネルギーを入力電源に戻すことができます。また、ファンの速度を低下させ、ドライブまたはバスの供給を低エネルギー状態に設定できるため、エネルギー消費を削減できます。

統合アーキテクチャアプローチを使用して設計されたドライブは、プログラミング時間を短縮し、スタートアップと立上げを容易にすることもできます。この設計アプローチにより、ドライブだけでなく、コントローラと他のデバイスもすべて単一の開発環境で構成およびプログラムできます。また、コントローラとドライブの両方の構成に単一のファイルを使用できます。

高調波の低減、面倒の低減

高調波歪みを許容可能なレベルに抑えるドライブは、水と廃水処理システムの高調波関連の混乱を回避しながら、他の節約を実現できます。また、緩和ソリューションはドライブに統合されているため、設置面積、設置要件、または全体的なパフォーマンスにどのように影響を及ぼすか心配する必要はありません。

アクティブ・フロント・エンド・テクノロジを備えた低圧ACドライブについては、こちらをご覧ください。


Kelvin Hurdle
Kelvin Hurdle
North America Water Wastewater Industry Manager, Rockwell Automation
Kelvin Hurdle
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ