Loading

ブログ | ライフサイエンス

Recent ActivityRecent Activity

バーチャルの価値: 製薬業界で目的を実現

ライフサイエンス企業は、仮想ツールを使用してどのようにしたら作業者のソーシャルディスタンスと高度な生産性を維持できるのでしょうか。

Main Image

あらゆる産業が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で動揺しています。ライフサイエンス産業の私の同僚は、グローバルなAPIサプライチェーンへの脅威と、見込みのあるCOVID-19の治療法として大げさに宣伝されている薬の予想もしないほどの需要により悪化している医薬品の不足をしのぎ続けています。

その上、産業界のすべての分野では、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の時代の作業環境の安全を再評価することを余儀なくされています。

ライフサイエンス企業は、ラボのクリーンルームや生産フロアの領域で、技術革新と生産性の両方にとって必要なものとして長い間コラボレーションを受け入れてきました。伝統的に作業者が肩を並べて作業してきた産業の場合、ソーシャルディスタンスのプロトコルは特に想像するのが困難です。

さてここで、新しいデジタルツールのおかげで、業界のリーダはライフサイエンスの作業環境を再考し、予見できない結果を仮想世界で見つけ出しています。

離れていても優れたコラボレーションとサポートパンデミックが世界全体を支配するとき、ライフサイエンス製造メーカは重要な疑問に直面しました。どのようにしたら重要なアプリケーションを最適に実行し続け、施設での対面接触を最小限にすることができるのでしょうか?

自身が製造メーカであるロックウェル・オートメーションは自分たちのオペレーションに関して同じ質問を問い続け、どのようにグローバルな自社の顧客基盤にサービスを提供しサポートするかを問い続けてきました。リモート仮想サポートツールは、ソーシャルディスタンスのプロトコルに準拠するだけでなく、コラボレーションと作業者の技術サポートの経験を実際に改善することで答えを提供してきました。

FaceTimeで友人と行なうように、もしくはさらに効率よく、電話やタブレットで技術の専門家と協業できることを想像してください。ライブビデオを備えたこのこの仮想現実(AR)アプリケーションを使用すれば、経験豊富な技術者がリアルタイムでお客様の機器を見ることができます。ビデオ会話の両方の側の作業者は、トラブルの起こった箇所と可能なソリューションを正確に示すために、画面上で描画することができます。

また、拡張現実(AR)は、安全な距離で専門家とのやり取りを増やすことのできる他のツールへの鍵となります。例えば、このツールを使用して、対象案件の専門家は実行手順のための段階的な指示をビデオに録画できます。信頼性と精度を増すために、他の従業員は仮想環境でウェアラブルデバイスやモバイルデバイスを使用して同じ業務を実行するときにそのビデオ録画を見ることができます。

個人の空間を維持し、人の流れを最適化

ソーシャルディスタンスが次の規範になるにつれ、製造メーカはラボやクリーンルームのような環境的に制御された空間だけでなく、休憩室、倉庫、および他のエリアでもプロトコルを再評価しなければなりません。

簡単に言うと、プロトコルを強制し、作業者の間に2m/6フィートの推奨距離を維持することは容易ではありません。

病院で患者のケアを改善するために習ったレッスンを適用することで、当社はライフサイエンス企業がシミュレーションソフトウェア3Dモデルを使用してワークフローのボトルネックを改善し、改良するのを支援できます。また、ソフトウェアはどのように病気が短期間で人通りの多いエリアで広がるかをモデル化でき、潜在的な変化の影響を予測できます。例えば、このモデル化でお客様の施設は、ふらついている従業員の施設の出入りによるリスクを最もよく最小化できます。または、従業員の浄化エリアや更衣室の拡張がよいオプションだと気が付くかもしれません。

ソーシャルディスタンスを維持する他の方法は? シンクライアント管理プラットフォームを使用して、現場の作業者をより少なくしてプラントを効率的に運営します。これは、1つの方法です。当社のソリューションは、モバイルデバイスでコンテンツを配信し、PCやシンクライアント端末のような他のあらゆるモバイル機器と端末共有できるようにすることです。IPやUSBカメラフィードも組み込むことができます。結果として、作業者一人ではるかに広い範囲の視覚化が可能で、施設に入らずにより多くのエリアをモニタできるようになります。

また、シンクライアント管理プラットフォームは、隔離された「ソーシャルディスタンス」のある制御室を生み出す費用効率に優れた方法を提供します。しかも、ITインフラへの最小限の影響で、必要なアプリケーションへのセキュアなアクセスを使用して、従業員が自宅から勤務することができるようにします。

将来的に、リモートFATはありますか?製造メーカが恐らくある点で直面するもう1つの課題があります。新たなラインを設置しながら、どのようにソーシャルディスタンスを達成するのでしょうか?

これは、仮想環境が支援できるもう1つのエリアです。今日、ますます多くの機械メーカが動的なデジタルツインを使用して、機器が現場に配送されるはるか前に、仮想世界で機器の課題を解決しています。仮想立上げを導入して、その制御システムの実際の動作ロジックに機械を接続し、機械の製作よりずっと前に操作方法を学びます。

しかし、このコンセプトをもう一歩進めたとしたらどうでしょうか? そして、仮想ツールを使用して複数の機械装置メーカ(OEM)からのスキッドを接続して実際のオペレーションをシミュレーションし、セキュアなクラウド環境で工場出荷時テスト(FAT)を実施するとしたらどうでしょうか? これは、当社が探求している作業の大部分をリモートで実行し、加えて将来の現場での設置を合理化し、現地受入テスト(SAT)、および検証を可能にする1つのアプローチです。

理論的に、プロセスは垂直に拡張でき、テストやトラブルシューティングのためにオープンサンドボックスを作り出すために製造実行システム(MES)との相互作用をシミュレートできます。

しかし、これらは仮想環境とデジタルツールが実世界のライフサイエンス製造業に大きな影響を与える方法のほんの数例です。当社は、実際の世界での新しい作業方法のすべてを学んでいます。テクノロジが進化するにつれて、御社がコラボレーションと生産性を向上させる新しい方法を発見するのを支援するために、当社は全力を尽くします。

ライフサイエンス産業のための当社のソリューションをご覧ください。


Dave Sharpe
Dave Sharpe
Global Industry Director, Rockwell Automation
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。