Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

メンテナンスの価値の変革

老朽化した資産と、効率化と信頼性の向上を求める組織の圧力の組み合わせにより、企業は、組織全体で運用を改善し、従業員をより良く管理し、コストを削減する場所を探しています。

注目すべき1つの領域はメンテナンスです。従来のメンテナンスでは、何かに反応して、機器の定期的な1時間ごとの作業が必要でした。何かが故障した場合、新しい部品が注文されたか、イベントを記録するためにクリップボードにメモが作成されました。

グローバルな製造メーカにとって、このタイプの事後保全は、コストの増加と予定外のダウンタイムを意味します。

長い間コストセンターと見なされていたメンテナンスは、品質、有効性、安全などの分野を改善することにより、組織の収益性を高める可能性があります。

総合的なアセットマネジメント戦略の一部として、専用のソフトウェアやその他のツールを使用してメンテナンスタスクを管理することで、デバイスの読取り値の手作業による入力を減らし、生産時点で重要な情報を他の生産分野と共有できるようになります。

例えば、コントローラ、ドライブ、スイッチ、およびデータセンターから送信される情報は、障害が発生したことを警告したり、一定期間の障害の数を記録したりできます。

エンジニアリング、メンテナンス、倉庫の担当者は、履歴データにアクセスして、どの資産が寿命に近づいているのかを把握したり、機器のパターンを検出したりすることができます。使用量とコストを確認できるため、労働、時間、資本をより効率的に管理できます。

特定のデバイスのイベント履歴をキャプチャすると、障害の原因を特定し、予定外のダウンタイムを削減できます。

デバイスの平均ダウンタイム、メンテナンス履歴、およびその他の要因は、運用効率のための最適な前進経路を決定するのに役立ちます。

スマートで接続されたデバイスが情報を収集することで、メンテナンスマネージャは、メンテナンス活動に優先順位を付け、資産の状態と健常性を予防的に管理することにより、平均故障間隔を改善できます。これにより、収益が向上し、運用の価値が向上します。

資産をモニタしオペレーションを管理するのに役立つ情報を活用することは、事後保全と予防保全のバランスをとるために重要です。

これら2つのカテゴリ間で効率を達成するには、システムに入力するデータの量を確認し、関係する付加価値のない労働を削除します。資産の健全性を予防的に管理することにより、組織のリスクを軽減し、運用効率を改善できます。

共著: アナン・セシャン、ロックウェル・オートメーションのソリューションパートナである 5G Automatika


Ryan Williams
Ryan Williams
Global Product Manager, Asset Management & Reliability, Rockwell Automation
Ryan Williams
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ