Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

「例外によるレビュー」を次のレベルに

例外を全体よりも迅速かつ簡単にレビューできるのは常識です。

「例外によるレビュー」の方法論はこのロジックに基づいており、製薬バッチ記録の処分を迅速化するために一般的に採用されています。

最先端の製造実行システム(MES)は、実行全体にわたってさまざまな制御を実施し、各バッチが制御スペース内で生成されるようにします。特に、重要なプロセスと品質の属性に当てはまります。

結果として、バッチレコード全体ではなく、例外のみを検討する必要があります。

しかし、なぜそこで停止するのですか? 例外によるレビューの方法論は、速度と簡素化を超える追加の利点を提供します。

最新のダッシュボードを使用すると、製造メーカは例外のリアルタイム通知を取得して、予防措置を講じることができます。

頻繁に、すべての主要なプロセスステップが完了するまで開始を待機するレビュープロセスが見られます。

このアプローチでは、発生した問題を理解し、例外が認識された瞬間に介入する機会を逃します。

レビュープロセスの開始と例外の識別を一致させることにより、製造メーカは例外によるレビューを次のレベルに引き上げることができます

ダッシュボードは、リアルタイムの通知と簡単に消化できるハンズオン情報をユーザに提供します。

彼らは、MESが例外を検出したまさにその瞬間に、Batch Record Reviewダッシュボード内で赤信号を発生させることができます。

  • 迅速なプロセスの相互作用が必要な例外的な状況を特定することで、高価なバッチを潜在的に節約します
  • 発生した例外の重要度を明確にすることにより、製造現場で誤った結論が出ないようにします。
  • おそらくプロセス内制御(IPC)中に、品質の重要な属性の例外的な違反によってトリガされ、プロセスの重要なドリフトをすぐに認識します。
  • イベントがオペレータにとって新鮮なうちに、重要なコンテキスト情報の収集を可能にします。

最新のダッシュボードは、例外によって次のレベルにレビューを行なうことができます。アプリケーションを次のレベルに進める準備はできていますか?

詳細は、無料のウェビナーをご覧ください。

また、例外によるレビュー、EBRなどについては、当社の電子ブック「Beyond Compliance: The Evolution of Pharmaceutical MES」をご覧ください。


Martin Dittmer
Martin Dittmer
Product Manager, Rockwell Automation
Martin Dittmer
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ