Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

スキルギャップを乗り切る: 新しいIoTソリューションで生産性を保護

報告によると、製造スキルのギャップにより、今後10年間で240万人の熟練職が満たされないままになる可能性があります。しかし、この統計よりも重要なのは、この危機があなたの施設で生み出す問題をどのように解決するかです。

引退しようとしているほぼかけがえのないエンジニアをどのように置き換えるか、または、オペレータのポジションが満たされるまで数カ月かかるときに、どのようにオペレーションを調整するか、などです。

熟練労働者の層の縮小という課題からオペレーションを保護するために実行できるいくつかのステップがあります。例えば、トレーニングを使用して人材に新しい技能を身につけさせる、ベンダーにタスクをアウトソーシングする、新しい世代の人材を採用するなどです。

しかし、最も迅速な対策の1つは、デジタルワークフォースの生産性などのソリューションを使用して、人材の仕事を簡素化し、その働きを強化することです。

人材ができることを増やす

スキル不足の真っ只中にいるときに、正しい方向に進むことが本質的に難しい場合があります。適切な人材が配置されている場合でも、多くの企業は「どこから始めればよいか」や「どんなテクノロジが必要ですか」などの質問に悩まされています。

そこで活躍するのが、デジタルワークフォースの生産性ソリューションです。既存のインフラを活用するので、システムを引き裂いて交換する必要はありません。また、サイロ化されたシステムを統合することにより、拡張現実(AR)を活用して、ユーザは差し迫った質問、専門家のガイダンス、および作業指示についてより優れた分析を得ることができます。

ソリューションはあらゆる課題に対応できるテクノロジを組み合わせているため、あらゆる機会を生み出すことができ、製品を探して評価する手間が省けます。

例えば、役割固有の指示などの状況に応じた説明へと変えられた情報を人材に提供できます。これにより、特に経験の浅い新しい労働者にとって、作業の複雑さが軽減されます。また、プロセスを記録して、生産上の問題やオペレータのミスを素早く見つけ、最適化することもできます。

データの統合と生産性の向上

デジタルワークフォースの生産性ソリューションは、ERP、MES、PLM、品質など、人材が関わる多くのシステムからのデータソースを統合して、それらすべてのリアルタイムの可視性を提供します。

これにより、複数のシステムを操作し、古いデータを使用して意思決定を行なうことを終わらせることができます。また、情報を1箇所で表示し、問題をリアルタイムで確認する、または問題が発生する前に予測することさえできる、新しい時代の幕開けとなります。

もちろん、有用なリアルタイム分析へのアクセスは、ほんの始まりにすぎません。デジタルワークフォースの生産性ソリューションの真の価値は、ユーザの日常業務を改善するためにその情報をどのように適用するかにあります。

例えば、紙ベースおよびテキストベースの作業指示は、しばしば古くなっている、またはエンジニアリングとの統合が欠如しています。デジタルワークフォースの生産性ソリューションは、3D CADデータまたはERP作業指示書を使用して、デジタル化された状況に応じた説明内に作業指示書を作成できます。

このソリューションは、リアルタイムで作業者のパフォーマンスをモニタする際にも使用できます。これは、プロセスがオペレータにかかる時間をモニタし、生産性時間を改善する方法を明らかにするのに役立ちます。

さらに、ソリューションで破壊的なテクノロジを活用して、作業者の仕事のやり方を改善するだけでなく、変革します。例えば、拡張現実(AR)を使用すると、ダウンしたマシンにデジタル修理指示をオーバーレイしてより迅速に回復したり、トレーニングで実際の生産シナリオを複製して、作業員の仕事への準備を改善したりできます。

今日、平均50億ドル規模の製造メーカについて私たちが見た結果は次のようになりました。

  • 作業者の生産性が5~35%向上
  • 品質が最大90%向上
  • 習熟までのトレーニング時間を20~30%短縮

そして、これらは安全事故のリスクを減らすことに加えての結果でした。

初期の成功

これらの結果は、実際の会社ではどのように見えますか? 風力タービンのメーカの1つは、新しいデジタルワークフォースの生産性ソリューションの早期導入者でした。同社はこのソリューションを使用して、視覚的な手がかりと豊富なCADコンテンツを活用することで、従業員に情報を提供するより良い方法を見つけました。

同社のIoTとインダストリ4.0が述べているように、「テキストによる指示をなくすことで、従業員は目の前で実際に起こっていることやものに集中できるようになり、必要な情報を見つけるために費やす時間を大幅に削減できました。」

デジタルソリューションを使用して同様の成功を収めたいのであれば、情報ソリューションのページをご覧ください。


Suellen Lorkowski
Suellen Lorkowski
Technical Consultant, Information Software, Rockwell Automation
Suellen Lorkowski
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ