Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

同期機能を備えたVFDを使用すると、節約効果が得られる

同期バイパスおよび転送機能を備えた可変周波数ドライブ(VFD)を使用する場合、節約は続きます。これは、さまざまなモータ制御アプリケーションにおける先行投資コストと長期的なエネルギーおよびメンテナンスコストの削減に役立ちます。また、VFDはコスト削減とともに、効率を高め、より柔軟なプロセス制御を実現するのに役立ちます。

同期機能を備えたVFDを使用すると、1つのモータを可変速度制御で連続して稼働したり、複数のモータを起動して同期をとることができます。また、大型モータをソフトスタートする機能も提供します。

そのため、時間をかけてドライブが運用に適しているかどうかを確認してください。メンテナンスの必要な部品が少ないプラントフロアの技術者から、生産におけるエネルギーコストを抑えたいと考えているCFOまで、すべての人の恵みを得ることができます。

1台のモータを稼働

このアプリケーションでは、VFDはモータを可変速度制御で連続的に動作させ、必要に応じてモータをバイパスソースに転送できます。

このアプリケーションは、システム全体の効率を向上させ、エネルギーを節約できます。また、特定の装置の使用またはメンテナンスを削除するか、または不要にすることで、さらに節約できます。

例えば、ファンアプリケーションでは、可変の気流を得るためにダンパーが不要になるため、ダンパーを取り外したり開いたままにしたりできます。また、ポンプでは、バルブはフロー制御を提供する必要がないため、開いたままにすることができます。

複数台のモータを稼働

ここでは、1台のVFDで複数のモータを始動および同期をとることができます。これにより、全負荷電流とエネルギー消費を削減し、プロセスを最適化できます。

動作可能なモータの数は、バス容量やケーブル接続の制限などの外部要因によって制限されます。しかし、場合によっては、同期転送アプリケーションが最大10のモータシステムに正常に適用されています。

複数台のモータアプリケーションには2つの可能なオプションがあります。まず、すべてのモータが同じ定格である可能性があります。第二に、モータの馬力の範囲が存在する可能性があります。この2番目のシナリオでは、ドライブシステムは最大のモータの馬力に合わせたサイズであることが必要ですが、最小のモータも制御できる必要があります。

ソフト・スタート・アプリケーション

このアプリケーションは、モータの始動、フルスピードへの加速、およびバイパスソースへの転送に使用されます。

ドライブは継続的なアプリケーション用ではありません。したがって、ドライブの電流容量定格は、負荷の始動要件に一致するように減らすことができます。ドライブの定格は、モータの馬力定格ではなく、始動時の馬力要件のみです。

準備、設定、保存

同期バイパス機能と転送機能を備えたVFDが予算を節約し、モータ制御を最適化する方法については、当社のウェブサイトをご覧ください。

この投稿はゲイリー・バンキーと共同で執筆しました。


Brad Bugiardini
Brad Bugiardini
Product Manager, Medium Voltage Drives, Rockwell Automation
Brad Bugiardini
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ