Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

パフォーマンスダッシュボードでダウンタイムを削減

1%はどのような違いをもたらすでしょうか? 漸進的な変化はそれほど多くないように見えるかもしれませんが、工業生産者の1%の改善は、純利益に100万ドル貢献する可能性があります。

この増分変更を行なう際に通常企業が気にしているのは、稼働時間と停止時間、つまりマシンまたはラインのパフォーマンスの標準的な尺度です。ただし、この最初の合意を超えて、グローバルブランドとニッチプレーヤーは、これらの測定値を定量化し、データの責任あるソースを特定する特定の方法を持っていることがよくあります。

課題の一部は、生産のいくつかの側面の改善を支援することを約束する膨大な数のソフトウェアアプリケーションです。施設のパフォーマンスの全体像から始めないことで、実際の改善が期待した影響を及ぼさない可能性があります。

1つのソリューションには、パフォーマンスダッシュボードでの総合設備効率(OEE)のモニタが含まれます。ベースラインを確立できるOEEレポートを作成することで、ユーザは活動を実行するためにデータを消化し始めることができます。

成長機会を特定するための組織

OEEを理解すると、施設のパフォーマンスに関連するデータを整理することにより、生産性の目標を向上させることができます。パフォーマンスダッシュボードの価値は、結局のところ、オペレーションに提供する透過性です。

ダッシュボードデータを意味のあるものにするための最初のステップでは、チームがOEEの計算方法を検討する必要があります。ダッシュボードは、さまざまなソースからのデータを1つの整然としたパッケージにパッケージ化することで、この作業を簡素化します。ダッシュボードはデータにアクセスできるようにするだけでなく、単なる計算以上のものを提供し、グラフやチャートでデータを整理します。これらのレイアウトにより、洞察がより見やすく、実用的なものになります。

データの一貫した収集により、ユーザは現在のOEEベンチマークを使用して、ダウンタイムの削減目標を設定し、時間の経過とともにパフォーマンスの改善をモニタできます。生産管理者にとって、マシンがダウンしている時間の合計と修理時間を知ることは重要です。

パフォーマンスの問題をどのように解決するか

パフォーマンスダッシュボードは、ユーザのプラントが可能な限り生産的であるかどうかをユーザが判断するために必要なOEE情報を提供することにより、ユーザがより短時間でより多くのことを達成することを支援します。パフォーマンスダッシュボードはどのようなものですか? レイアウトはさまざまですが、OEEが可用性(Ar)、パフォーマンス(Pr)、および品質(Qr)で分類されている場合に、ユーザにとって最もメリットがあることがわかりました。

すべてのパフォーマンスダッシュボードがセグメント化された測定値を提供するわけではないため、OEEのまとまりのあるビューが必要な場合は、この機能を提供するものを見つけることが重要です。包括的なビューは、OEE3つすべての要素が詳細であることを保証するのに役立ちます。

例えば、品質のみをモニタしている場合は、高品質を維持することに集中しすぎているため、生産に支障が出る可能性があります。ただし、品質を重視すると、マシンの実行が遅くなり、生産性が低下する可能性があります。すべての施設には生産目標があるため、生産が遅くなると、オペレータが週末に機械のメンテナンスが通常予定されているときに作業が行なわれる可能性があります。意図しない結果が続く可能性があります。

一方、運用管理者は、パフォーマンスダッシュボードを使用してOEEを注意深くモニタできます。OEEに問題が発生していることに気付くと、マネージャは生産マネージャを呼出して、マシンが容量不足で稼働していない理由を尋ねます。そこから、製品マネージャは、データを収集し、最大容量まで増やし、より多くのデータを収集し、傾向と洞察を確認することで、パフォーマンスの問題を解決します。このプロセスにより、コラボレーションが向上し、チームが最高のパフォーマンスを達成できるようになります。

実用的なデータでソリューションを作成

お客様からダウンタイムの課題がありましたら、上記のようなパフォーマンスダッシュボードが日常業務の改善にどのように役立つかを説明します。より深いレベルのデータへのアクセスにより、お客様は役割やニーズなどに基づいて、意味のあるものに集中することができます。

ほとんどのお客様はデータを見て、何の価値もないと感じていますが、パフォーマンスダッシュボードを作成することで、上位50の問題を特定できます。その後、50がゼロになるまで、上位5つの問題を排除するためにチームを組むことができます。FactoryTalk InnovationSuite, powered by PTCは、新しいソフトウェアソリューションがこれまで以上にデータにアクセスしやすくする方法の一例です。

毎月のニュースレターを購読して、このダッシュボードブログをご覧ください。


Jennifer Kite
Jennifer Kite
Senior Information Software Technical Consultant, Rockwell Automation
Jennifer Kite
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ