Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

最新のDCSで再構築されたリン酸プラント

プロセスプラントのアップグレードまたはその制御の移行は困難な場合がありますが、通常は古い施設を数年間閉鎖し、解体し、機器を取り除いて、17マイル離れた場所で再検討して再構築する必要はありません。

しかし、これはまさにフロリダ州ホワイトスプリングスのスワニーリバー化学コンビナートで、PCS Phosphateがロックウェル・オートメーションのPlantPAx®最新の分散制御システム(DCS)と他のソリューションの決定的な支援を受けたものです。PlantPAx DCSにより、リアルタイムデータをすぐに表示できるようになり、オペレータと管理者がより適切なタイミングで意思決定を下すことができるようになりました。

1970年代のグリーン・アシッド・プラントには4種類のサブプロセスと制御プラットフォームがありました。プロジェクトの10ヶ月後、20148月の始動の10週間前に、スタッフは電気制御の実装を求められました。

黒色から緑色へ

以前のPCSリン酸プラントは、BSPAからマグネシウムを除去し、珪藻土と圧力を使用して不純物を除去することにより、黒色の超リン酸(BSPA)を緑色の超リン酸(GSPA)に精製しました。これにより、多くの食品用および肥料製品で使用される、低マグネシウム(低マグ)と呼ばれる精製酸が生成されました。以前の工場の制御システムには以下が含まれていました。

  • 老朽化したスタンドアロン制御を使用するプライマリシステムとセカンダリシステム
  • 3次システムは、スタンドアロンのPLCを使用するセーフティ・インターロック・システム(SIS)であり、暴走発熱反応からプラントの硝酸アンモニウムを保護するように設計されました。
  • プラントの圧力フィルタを操作する4次システムは、完全にスタンドアロンでアナログでした。
  • プラント全体のプロセスのモニタと制御が利用可能な場合は、他の場所で完全な手動制御が可能でした。

これらの制御は、スワニーの3段階のプロセスを実行しました。これは、以前の施設に広く普及していましたが、現在では新しい場所で大幅に統合およびクリーンアップされています。Allen-Bradley®のPowerFlex® 755ドライブは、古いフィルタシステムが4~20mAドライブを使用していた場所に設置されました。

新しいドライブは古いプラントのドライブと統合され、SIS制御が追加されました。PCS Phosphateがロックウェル・オートメーションのコントローラでの標準化を望んでいたため、プラントのメイン制御システムとしてPlantPAx DCSが導入されました。

新しい制御、よい良い決定

数ヶ月後、オペレータは新しいHMI (ヒューマン・マシン・インターフェイス)にシームレスに統合され、問題なく動作しました。工場の以前の制御とHMIは島として実行されていましたが、新しいデバイス・レベル・リング(DLR)トポロジネットワークはISA95ガイドラインに従って実装されました。

ネットワークによる、オペレータは非武装地帯とファイアウォールを介してデータITおよびビジネスレベルが必要とするもののみを送信できるようになります。プラントは、独立分散フレーム(IDF)としてStratix 5700デュアル冗長イーサネットスイッチと銅製のファイバーバックボーンを使用します。これにより、スイッチのモニタと管理が可能になりますが、ネットワークの任意の部分をクリックして、プロセスのプロファイルを表示することもできます。.

BSPAから低マグを除去してGSPAを生成するために、レポート用のウィジェットも構築されました。データは、OSIsoft PIヒストリアンおよびPlantPAx DCSレポートツールによってマイニングできる場所で収集および保存できます。

PlantPAx DCSおよびその他のプラントの新しい制御およびその他のサポートコンポーネントは、150台以上の仮想サーバを管理する16の物理ホストを占有します。これらの仮想サーバはそれぞれ、シンクライアントと実稼働デバイスにサービスを提供する100を超える仮想ノードを処理します。以前はレポートの準備に数週間かかっていましたが、リアルタイムデータをすぐに表示でき、調整を自動的に行なうことができます。

これにより、より優れたタイムリーな意思決定が可能になります。1600万ドルのプロジェクトはわずか9ヶ月で投資を完了し、PCSは他の4つのプロジェクトでPlantPAxを使用することを計画しています

ロックウェル・オートメーションのPlantPAx最新のDCSの詳細をご覧ください。

PCS Phosphateは、ジョージア州アトランタで開催されたプロセス・ソリューション・ユーザ・グループ(PSUG)でこの事例研究を発表しました。

このブログは、Controlの編集者の記事に基づいています。


Jim Montague
Jim Montague
Executive Editor, Control
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ