Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

今すぐプラントの未来を所有する: デジタル基盤の構築


Dave Mayer
Dave Mayer
Product Manager, Rockwell Automation
Dave Mayer

産業プラントの資産のパフォーマンスを向上させるために、デジタルテクノロジに投資する時が来ました。しかし、どのように始めたらいいのでしょうか。あなたの注目を引こうと競い合う多くのオプションがあります。その中には、複数のベンダーが提供するさまざまな技術的ソリューション、対処しようとしているさまざまな問題点、組織内のさまざまな優先順位や目的も存在します。

ライフサイクルリスクの最小化に焦点を当てるべきでしょうか。それとも、保管室に最適な量の重要なスペアを確保しますか?

まず最初に、実装するソリューションを選択する前に、組織の整合性は、デジタルトランスフォーメーションのイニシアチブを成功または失敗させる最大の要因です。各機能チームの優先順位と望ましい結果を明確に共有することは、プロジェクトを開始する前に組織の整合性を確保するための鍵となります。

デジタルテクノロジの最も一般的な産業の導入例の1つは資産管理であり、独自のソリューションを社内で作成しようとするのは魅力的かもしれません。ただし、ビジネス目標に対処するために必要なすべての産業資産管理データを真に理解するために必要なスタッフやツールがあるとは考えられません。製品のライフサイクルは一例です。さまざまな製造メーカの、導入した多数の部品のライフサイクルステータスをどのように追跡すればいいのでしょうか。

新たなスタートの準備ができている場合、資産パフォーマンス管理のデジタルテクノロジのツールで考慮する必要がある基本的な要素を以下に示します。

  • IDおよびアクセス管理 – 最悪のシナリオは、仕事をするために必要なデータにアクセスできないことです。施設について知っていると思うことに基づいて、すべきことを推測することになります。役割ベースのアクセス許可を使用すると、複数の関係者が単一の検証済みデータセットにアクセスし、協力して意思決定を行なうことができます。データはほぼリアルタイムで更新されるため、常に最新です。また、チーム間で簡単かつセキュアに情報を共有できるように、コンピュータまたはモバイルデバイスからアクセスすると便利です。
  • 事前通知 – 設置ベースの機器でのみライフサイクル変更通知または製品サービスの勧告を受取るのは素晴らしいことではありませんか? 設置ベースを積極的に管理できるようにするには、製品の変更(ライフサイクルステータス、安全勧告など)に応じてこれらの変更の影響を事前に管理できるように、設置ベースを継続的に可視化する必要があります。
  • 直感的なユーザエクスペリエンス - ソリューションには、特定の課題に対処するのに役立つ関連データがあるだけでなく、施設での仕事のやり方に基づいて、ユーザにとってすぐに理解できる方法で提示されていることを確認する必要があります。データへのアクセスには複雑さがあります。例えば、データの保存方法と結合方法の違いがあります。ダッシュボードには、関係者がデータを簡単に消費して、何が変更され、プラントで何が影響を受ける可能性があるかを一目で確認できるビューが用意されています。

データとデジタルテクノロジを使用すると、陳腐化のリスクを軽減し、設備の設置ベースの可視性を高めることができます。適切なデジタルテクノロジを使用すると、利用可能なデータに基づいて簡単に意思決定を下すことができるようになります。知識は力であり、産業資産データは、コストの削減、メンテナンス活動の可視性の向上、資産パフォーマンスの向上に役立ちます。

購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ