Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

1つのプラットフォームですべてを実行できます。プロセス、BMS、EMS

すべてのプラントマネージャは、さまざまな制御システムが生産現場に与える可能性のあるマイナスの影響を痛感しています。

複数のシステムは、統合やシステムの可視化から部品の管理、トレーニング、メンテナンスまで、あらゆるレベルで複雑さをもたらし、コストを増大させ、効率を妥協します。

しかし、検証が重要である規制された環境では、リスクは特に高くなります。

しかし、多くの製薬工場では、材料や調合プロセスを制御し、圧力や温度、湿度、場合によっては粒子数など、製品の品質に影響を与える建物や環境の状態を管理するために複数のシステムを保持しています。

既存のプラントでは、制御基盤は新しい規制要件に合わせて進化することが多く、時間の経過とともにさらに複雑になりました。

その結果、イベントタイムシーケンス、データセキュリティ、レポート、その他の重要な機能に関する問題が日常的に発生する環境が生まれました。

解決策は何ですか?

それは、単一のロセス自動化、環境モニタ、ビル管理のための単一の統合されたプラント全体の制御プラットフォームです。

統合アプローでは、プロセス制御システムの検証に適用される同じ機能を使用して、ビルディングオートメーションの検証要件を満たします。

今日、多くの製薬会社は、コンプライアンスを容易にし、コストを削減し、既存の施設で製品の品質を向上させるために、統合プラットフォームに移行しています。

アップグレードを成功させるためのステップは何ですか?

以下に、大手製薬会社の実装中に学んだ教訓に基づいたいくつかの考えをご紹介します。

  • 計画。計画。計画。実際、計画の重要性は、どのような制御システムの改造でもどれだけ誇張してもし過ぎることはありません。そして、これは特に、アップグレード全体にわたって生産性とコンプライアンスを維持することが重要である規制された環境の場合です。
  • 仮想化を検討。企業全体に検証された統合ソリューションを実装することは、今後数年間、より効率的な運用を行うための最初のステップです。また、仮想化は、分散制御システム(DCS)の寿命、アジリティ(俊敏性)、信頼性を向上させる強力な方法です。実際、より多くのライフサイエンス企業が、重要なアプリケーションの将来性を保証するために仮想化環境を選択しています。実際、より多くのライフサイエンス企業が、重要なアプリケーションの将来性を保証するために仮想化環境を選択しています。
  • 包括的なテスト。計画に密接に関連し、そして非常に重要なのはテストです。システムがより綿密にテストされるほど、実装段階でのカットオーバ時間は短くなります。

例えば、ロックウェル・オートメーションでは、事前に設計およびテストされた制御モジュールの包括的なライブラリを使用して検証を合理化し、ソフトウェアシミュレーションを適用して、完全な動作シーケンスを完全にテストしています。

シミュレーションは、工場受入れテスト(FAT)の前と施設でのFATの間の両方で使用されます。

  • スマートスケジューリング。一般的なシステムの改造には、数百の機器システムと数千点のI/Oが含まれます。そのため、許容可能なプラントのダウンタイムに沿った現実的な実装スケジュールを確立することは、計画の重要な部分です。

多くの場合、私たちのチームはプラント全体に影響を与えるシステムから始めます。

例えば、効率的なアプローチは、メインエネルギー管理システムから開始することができます。これには、通常、空調機、チラー、およびその他の機器が全体の運用に影響を与えます。

それ以降の設置は、重要度、I/O点数、シャットダウン期間に基づいて計画されます。

この製薬企業がスマートスケジューリング、最新DCS、および仮想化環境を使用してプラットフォームを統合した方法をご覧ください。

また、ライフサイエンスアプリケーションのビル管理システムのための統一されたアプローチの詳細をご覧ください。


Dan Homan
Dan Homan
Engineering Manager, Rockwell Automation
Dan Homan
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ