Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

TÜV認定の機械機能安全エキスパートから学ぶ

Main Image

TÜV Rheinland機械機能安全の専門家になることは、産業界で最も重要な安全実績の1つと考えられています。

広範な認定プロセスには、最初に機能安全エンジニアになることが含まれます。これには、複数のトレーニングコース、安全規格の広範な研究、困難な試験に合格することが必要です。

申請者は、機能安全における10年の文書化されたビジネス経験、以前のプロジェクトからの2つの文書化されたケーススタディ、業界の安全基準委員会への関与、専門家の参考書および関連する安全活動の詳細な履歴書を持っている必要があります。

現在、世界中にTÜV Rheinlandの機械機能安全の専門家は28人しかいません。幸運なことに、当社では最新の3人を含む13人を採用しています。それは、カナダのコマーシャル・エンジニアリング・リーダであるダン・ディナンツィオ、統合アーキテクチャと安全の技術コンサルタントであるエディ・クロフォード、そして、シニア機械安全コンサルタントであるジーザス・レオナルド・サンチェス・アルバの3人です。

私たちは、新しく認定されたTÜV認定の安全専門家に尋ねました。安全とすべての産業専門家は、機能安全について何を知っておくべきですか? 彼らの回答は、産業安全は人々へのリスクを軽減することだけでなく、従業員の士気を高め、生産性を最大化し、優れた運用をサポートすることであるという考えを強化しました。

ライフサイクルをたどる

何よりもまず、TÜV認定の安全専門家は、機能安全ライフサイクルに従うことの重要性を強調しています。安全ソリューションを設計、実装、維持するための構造化されたプロセスです。

このプロセスは、プロジェクトと結果のすべての側面を文書化および実装する際の一貫性を促進し、開発を簡素化し、コンプライアンスを改善し、設計時間とコストを削減します。

例えば、私たちの安全専門家の1人が開発したケーススタディは、自動車工場の新しいロボット溶接セルで使用するための一般的な安全回路設計の開発に重点を置いていました。新しいシステムを実装する最初のステップの1つは、安全ライフサイクルの段階と、各段階の責任者を説明することでした。

  1. リスクアセスメントの実施
  2. 機能安全システム要件の決定
  3. システムの設計および検証
  4. システムの設置および妥当性判断
  5. システムの維持および改善

これは、組織が安全ライフサイクルに続く初めてのことです。それは、作業者が以前に安全システムを設計、実装、維持した方法の欠陥を明らかにしました。

多いほど楽しい

安全プロジェクトで協力するために多機能チームを集めることで、各部門の声が確実に聞こえ、競争ではなく安全と生産性の目標が共有されることを確認できます。

このコラボレーションは、チームがすべての動作モード、および機械と対話する各人のタスクと危険源(ハザード)を特定する必要があるリスクアセスメント段階で特に重要です。このプロセスにプラントフロアの担当者を関与させることも、ソリューションの所有感を高めるのに役立ちます。

1つのケーススタディは、4つの製造ラインにわたるCPG会社の安全システムを開発するときに、部門を超えて参加することを含みました。

オペレータ、セットアップ技術者、メンテナンス技術者、潤滑油の技術者、スクラップの処理者、マテリアルハンドリングの当事者、品質技術者、エンジニアのすべてが参加し、システムの開発に情報を提供しました。最終的に、このコラボレーションは、各動作モードでシステムの安全と生産性を最大化するのに役立ちました。

お客様のためのリソース

TÜV Rheinlandは、世界で最も権威があり要求の厳しい組織の1つと考えられています。その機能安全トレーニングプログラムは第三者と協力して、個人間の安全知識と能力を認識します。

ロックウェルオートメーションにTÜV Rheinland認定の機械機能安全の専門家がいるため、私たちはお客様に業界のベストプラクティス、ヒント、ノウハウをご提供できます。

これらの専門家は、現在の安全規格に関する深い専門知識、安全システムの構築における確かな実績、および産業安全技術のリーダとなるのに役立つ現代の機械安全に関する知識を持っています。


Steve Ludwig
Steve Ludwig
Commercial Programs Manager, Safety, Rockwell Automation
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

お客様へのご提案