Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

食品および飲料事業へのスマートテクノロジの導入

食品および飲料業界は、かつてないほど複雑で急速に変化しています。

変化する市場と消費者の要求に対応するための一定のプレッシャーを管理するのに苦労しているというお客様から定期的に聞いています。

今日の消費者はより率直でつながりがあります。例えば、すべてのオプションを簡単に確認し、数回クリックするだけで食料品店から食料品店までの価格を比較できる機能により、自分の家の快適さから食料品を購入できます。

専門および地元の食品生産者はより大きな競争になりつつあり、規制は常に変化しています。

消費者の嗜好が急速に変化する中、食品および飲料メーカは、これらの市場ダイナミクスのスピードに迅速に対応できる必要があります。あなたの会社はどうやって追いつくことができますか?

競争力を維持するには、食品および飲料製造システムは最高レベルで機能する必要があります。これには、包括的で継続的な運用改善が必要です。

接続され、情報に対応した製造、またはスマートマニュファクチャリングは、すべての違いを生み出すことができます。

新しいテクノロジにより、食品および飲料メーカは食品加工業務をよりよく理解して使用することができるようになります。スマートマニュファクチャリングは次のことに役立ちます。

  • 資産活用の向上
  • 収量の増加
  • 人材の生産性を促進
  • リソース管理の最適化
  • セキュリティリスクの低減

スマートマニュファクチャリングは、運用の単一のビューを作成し、人、データ、および資産間のシームレスな通信を可能にします

したがって、新しい課題が発生した場合、食品および飲料メーカはダウンタイムを防ぎ、以前は想像もできなかった方法でビジネスプロセスを最適化できます。

技術の新たな発展は、食品および飲料製造を再定義しています。モノのインターネット(IoT)、ワイヤレスおよびモバイルテクノロジ、データ分析、ネットワークインフラを組み合わせることで、企業は自社のオペレーションからデータにアクセスして操作することができます。

例えば、ヒルシャー・ブランズがテキサス州ハルトムシティの自社工場に製造情報システムを導入したとき、食品メーカは非食用製品と廃棄物の目標を0.8% (年間約550万のコーンドッグに相当)を節約しました。

食品および飲料メーカは、インターネットに接続されたスマートデバイスを使用してシステムを最大限に活用し、データをどこからでもキャプチャして状況に沿った説明へと変えています。

これがコネクテッドエンタープライズです。

コネクテッドエンタープライズは、ネットワークアーキテクチャを統合して、システムの実行方法を簡素化し、オペレーション全体のデータ収集と分析プロセスを最新化します。

これは、食品および飲料メーカが業務改善を行ない、効率とオンデマンド生産を改善するのに役立ちます。

スマートマニュファクチャリングが食品および飲料の操作にどのように役立つかについては、この電子ブックをご覧ください。


Dave Sharpe
Dave Sharpe
Global Industry Director, Rockwell Automation
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ