Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

統合ソリューションで測定と制御を改善

今日、石油とガスの生産者は、単純なシングルウェルパッド分野からより複雑なマルチウェルパッドに移行しています。

マルチウェルパッドにはさまざまな利点がありますが、サイズと範囲の増加により、データと制御の要件が大幅に増加するという新たな課題が生じました。これらの新しい要件は、データの整合性と正確性を維持するよう生産者に新たな圧力をかけています。

伝統を壊す

メンテナンスコスト、スケーラビリティ、およびデータ/測定機能により、従来のRTUテクノロジは限界に達しています。

マルチウェルパッドの各油井には、人工リフト、機器制御、流量測定、レベル測定が必要です。これにより、従来の単一のRTUで処理できるよりも多くの制御とデータ取得の需要が生じます。これに取り組むために、生産者は複数のユニットに制御を分散するために追加のRTUを購入する必要があります。しかし、このアプローチには課題があります。

  1. 複数のRTUにより、生産者用の「鳥の巣」が作成される可能性があります。複数のアプリケーション構成とプログラムのメンテナンスが必要となり、通信管理が複雑になります。
  2. 複数のベンダーのハードウェアを使用すると、SCADA通信が制限され、統合が複雑になり、トレーニングの実施がより困難になる可能性があります。
  3. 特定の入力と出力で設計された「ブラックボックス」RTUは、システムの変更またはアップグレードの柔軟性を制限し、サービスとサポートの課題を作成します。

一般的なRTUの問題を経験したオペレータとマネージャは、プログラマブル・ロジック・コントローラ(PLC)のテクノロジなど、モジュール式でスケーラブルな単一制御プラットフォームでより良いソリューションを見つけることができます。

単一プラットフォームでの成功

モジュール式: 多分野制御により、PLCはさまざまな方法で構成でき、さまざまなフィールド機器の制御を可能にします。オペレータは、多くの異なるネットワークタイプの通信もサポートする1つのシステムで、ウェルパッドの通常の自動化、プロセスと個別制御の組み合わせを実現できます。

スケーラブル: PLCには事前定義されたライブラリとコードが用意されており、即座に追加して現場で構成できるため、新しいハードウェアの追加や新しい油井の拡張が容易になります。これにより、ハードウェアが追加されたときに技術者が新しいコードを書く必要が最小限に抑えられ、ダウンタイムをなくして支出を削減できます。

さらに、シャーシ内の石油およびガス・フロー・コンピュータなどの高度なモジュールは、制御アーキテクチャ内で必要な測定基準を達成します。これにより、生産者は、ライセンス料を必要とせずに複数のベンダー製品を統合するという困難な作業を排除して、制御と測定のための1つのアーキテクチャを持つことができます。

データ制御と整合性: システム間でデータが移動するたびに、整合性が危険にさらされます。ProSoft Technology社のフロー・コンピュータ・モジュールやロックウェル・オートメーションの制御プラットフォームなどの統合インフラソリューションを使用すると、生産者は次の理由により、データの整合性を保証できます。

  1. モジュールからの制御データとフローデータは、ネイティブ形式で保持することができ、集約する必要はありません。
  2. このソリューションは、より細かいレベルのデータ(ミリ秒までの情報を提供)が可能であり、業界の測定標準をサポートし、保管転送時のデータの正確性を保証することができます。
  3. より大きなメータの実行からの大規模な測定をサポートします。ProSoft Technology社のフローコンピュータは、ロックウェル・オートメーションの制御プラットフォームのコプロセッサとして動作し、大規模な測定をサポートします。
  4. 組み込みリモートI/O機能により、モバイルデバイスから完全な動作制御と測定/データの洞察が可能になります。

制御と測定の簡素化

マルチウェルパッドにより、上流工程でのデータおよびアプリケーション要件がこれまでになく高まっています。ただし、データが複数の場所から受信される場合、1つのシステムでデータを管理し、適切に管理できることが重要です。モジュール式のスケーラブルなPLCは、最新のウェルパッドに必要なスケーラブルなアーキテクチャを処理でき、フローモジュールなどの他のシステムと簡単に統合できます。単一のソリューションに移行すると、データの整合性が向上し、スケーラビリティが向上し、設置時間が短縮し、コストが削減されます。

詳細は、こちらをご覧ください。

このブログは、ロックウェル・オートメーションのPartnerNetworkのEncompassパートナであるProSoft Technology社のプログラム管理ディレクタであるエリック・サイム氏と共同で執筆しました。

EncompassおよびPartnerNetworkは、Rockwell Automation Inc.の商標です。


Nolen Moss
Nolen Moss
Strategic Account Manager, Rockwell Automation
Nolen Moss
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ