Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

オペレーショナルインテリジェンスを使用して、生産パフォーマンスのより詳細な状況を把握

電話を向けるだけで、オペレータが主要業績評価指標(KPI)に対してマシンのパフォーマンスを確認できるとしたらどうでしょうか。

または、生産ラインで品質不良が発生する前にアラートを受け取ることができたらどうでしょうか?

これらは熟考するための将来または理論的なシナリオではありません。企業は、工場内および工場全体のパフォーマンスを理解するのに長い間苦労してきました。そして、これらの課題にとって、企業のオペレーショナルインテリジェンスは前進の道であり、製品、ライン、工場、システム、およびシフト全体で一貫したKPIを作成する方法です。

これらの新しい産業用IoTソリューションによって、組織のあらゆるレベルの労働者が生産パフォーマンスをより適切に追跡できるようになります。また、資産活用、生産効率、従業員のパフォーマンス、エネルギー使用量などの分野で運用コストを削減し、結果を改善するのに役立ちます。

複雑な環境からの明確な洞察

多くの企業は、今日ほとんどの生産施設に存在する異なるベンダーのさまざまなテクノロジを使用する多様なエコシステムが、企業のオペレーショナルインテリジェンスの主な障害だと考えています。これらの異なる資産からのデータを統合して生産パフォーマンスを理解することは、複雑な作業であり、IT専門家のような誰かの特殊なスキルを必要とすることがあります。

通常、データをまとめた後は、基本的なKPIレポートのみが可能です。

例えば、プラントマネージャと生産管理者は、毎週または毎月のレポートを入手できますが、レポートは時間内のスナップショットしか提供されません。これは、作業者がライン、機械、またはプラントのパフォーマンスをリアルタイムで確認できないようにしています。また、作業者がデータを掘り下げて、歩留まり、品質、またはエネルギーの問題の根本原因を見つけることもできません。

企業のオペレーショナル・インテリジェンス・ソリューションは、施設の生産パフォーマンスのモニタ方法を大幅に改善します。

さまざまなデバイス、資産、システムのインストールベースからのデータを統合することにより、ソリューションによってKPIをリアルタイムでモニタできるようになります。これらの洞察は、プラント、シフト、製品全体で一貫しています。また、カスタマイズできるため、さまざまな作業者が自分に関連するKPIのみを表示し、対応することができます。

今日できる変更

世界中の企業は、すでにオペレーショナル・インテリジェンス・ソリューションを使用して、より競争力のある運用を行なっています。

例えば、大手食品および飲料メーカは、多数の製造施設でソリューションを使用しています。多数のシステムがあるにもかかわらず、作業者はリアルタイムの標準化されたメトリックと情報にロールベースでアクセスできるようになりました。その結果、同社のプラントの生産性は5~8%向上しました。

このユースケースは、企業のオペレーショナル・インテリジェンス・ソリューションが今日の運用に価値をもたらす方法の完璧な例です。

ソリューションでは、インフラのオーバーホールは必要ありません。既存のシステムと連携して、資産の使用率、生産効率、従業員のパフォーマンス、エネルギー使用量など、必要な情報のすべてをリアルタイムでモニタすることができます。

また、拡張現実(AR)などの新たに有効となったテクノロジと連携して、文字通り新しい方法で生産パフォーマンスを表示できるようになりました。

実際、現場を歩いて電話で機械の性能を確認するオペレータの例は、たとえ話ではなくなりました。リアルタイムのオペレーショナルインテリジェンスとARテクノロジを組み合わせることで、今日、ヨーロッパの企業がすでに行なっていることです。現在、作業者は自分のパフォーマンスを確認するために数日または数週間待つ必要がありません。すぐに通知を確認することができます。

このソリューションは、機械学習を活用して、予測パフォーマンス分析を提供することもできます。これは、パフォーマンスの問題に反応するのではなく、実際の生産に影響が出る前に、発生する問題の予測を取得することを意味します。これらの洞察は、メンテナンスチケットなどの自動応答をトリガして、問題を迅速かつ正しく解決するのに役立ちます。

シンプルで柔軟

いくつかの新しい企業のオペレーショナル・インテリジェンス・ソリューションに追加された利点として、そのシンプルさと柔軟性があげられます。

それらを実装および管理するためにITの学位は必要ありません。作業するのに、簡単なドラッグ&ドロップツールを使用してダッシュボードとレポートの作成を開始するための製造プロセスの基本的な理解しか必要ありません。

また、ダッシュボードとレポートは、ユーザがオペレータ、プラントマネージャ、COOのいずれであっても、各ユーザ向けにカスタマイズできます。

企業のオペレーショナルインテリジェンスおよびその他の革新的なソリューションについては、FactoryTalk InnovationSuiteのウェブページをご覧ください。


Katarina Heining
Katarina Heining
Information Solutions Sales Executive, Rockwell Automation
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ