Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

変革のための破壊を恐れないでください: 変化を推進する産業

私たちは、これまでにない最大の産業ディスラプション(変革のための破壊)の波を経験しています。人工知能(AI)、産業用モノのインターネット(IIoT)、および拡張現実(AR)は、ビジネスのやり方を変えるテクノロジのほんの一部です。

ビッグデータからビットコインやブロックチェーンにいたるまで、あなたが今下す決定は、今後10年およびそれ以降のビジネスの軌道(さらには成功)に影響を与えることになります。

境界を突破する

間違いなく、産業オートメーションの最大のディスラプションは、モビリティとクラウドによって可能になった運用技術(OT)と情報技術(IT)の世界の境界の崩壊です。

他のすべてのディスラプションは、そのブレークスルーの結果です。

  • データを使用するための分析
  • データを必要な場所に表示する仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、複合現実(MR)、ウェアラブル、モバイルデバイス
  • データをセキュアに保つためのサイバーセキュリティデータ交換をより簡単かつ低コストにする国際基準
  • データに関する意思決定を自動化する機械学習およびAI

ディスラプション: どのように改善するか

産業にはディスラプション(変革のための破壊)が必要です。現状を揺るがすために新しいアイデアを導入するアジャイル企業は、私たちをより良くします。

オンライン注文と翌日配達で小売がどのように変化したかを見てきました。バーチャル教育により、大衆が学校を手頃な価格でより利用しやすくなりました。

クラウド、モビリティ、ビッグデータがビジネスモデルをどのように変化させるかを考えていないビジネスは、苦しい立場に立たされます。

インターナショナル・データ・コーポレーション(IDC)は、2020年までに、地球上のすべての人について毎秒1.7メガバイトの新しいデータを作成すると予測しています。

デジタルトランスフォーメーションにより、2020年までに200億台のデバイスがオンラインになります(一部では400~500億とさらに高く推定されています)。それはすべての人のための5つの接続されたデバイスです。

この変革には、あらゆる形態のディスラプションに慣れている人々が必要です。

  • 以前はロボットの周りにフェンスを立てていました。 現在、協調ロボット(またはコボット)は人間の隣で作業し、人間と協力しています。
  • オーダーメイドのカスタム製品に近づくにつれて、高度なCAD、モデリング、シミュレーションを活用して製造がより柔軟になり、製品が初めて正しく製造されるようにする必要があります。
  • より多くのものをつなげるにつれて、相互接続とセマンティックデータをサポートする規格が必要になります。これらの規格は、イノベーションと同じくらい、おそらくもっと価値があります。
  • まだ編み出されていない仕事を準備しています(未来研究所(IFF)は、2030年の仕事の85%がまだ創出されていないと推定)。

このすべての変更をどのように処理しますか?  私たちは圧倒されることもあれば、新しくて実績のあるテクノロジを使用して、これまで以上に革新性のあるより深い洞察を得ることができます。

価値創造への道

43カ国の18,000人の雇用者を対象としたマンパワーの最近の調査によると、90%が今後2年間でデジタル化の影響を受けると予想しており、83%のメーカが人員を維持または増員する予定です。IoTテクノロジは、4兆ドルの価値を生み出すと予測されているため、これは驚くべきことではありません。

その価値には代償が伴います。長年機能していたビジネスプロセスは時代遅れです。デジタル技術を採用することに選択の余地はありません。将来の成功または失敗が予測されるディスラプションをどれだけうまく受け入れるか、です。

適切な接続性がなければ、利用可能なすべてのデータと分析は、製造の間接費を増加させる可能性があります。この「隠れ工場」のコストを回避するために、制御エンジニアはITアプリケーションへの接続方法、ファイアウォールの構成方法、および多層防御の計画方法を理解する必要があります。

従業員には、VRやARなどのツールを使用して、費用と時間がかかるような経験をシミュレートできる基礎的なスキルが必要です。

結論: 新者が絶えず現状に疑問を投げかけることを期待する変革に、私たち全員が満足する(または慣れる)ことが必要です。


Dave Vasko
Dave Vasko
Director of Advanced Technology, Rockwell Automation
Dave Vasko
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ