Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

デジタルタイヤ製造: コストと複雑性を管理する改善策

Main Image

タイヤ業界では、最近、相次いでCapExプロジェクトが実施されました。何十億ドルもが世界中でタイヤプラントの新設や拡張に費やされました。これらのプラントはオンライン化され、ビジネスは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による経済的課題のために再度の調整を余儀なくされています。1つはっきりしていることは、費用対効果が高くなるようオペレーションを調整する能力がかつてないほど重要になってきたということです。

幸運なことに、いくつかのデジタルテクノロジを使用して、新たな方法で操業費用を低減し、オペレーションを調整し、従業員のトレーニングに取り組むことができます。

優れた可視性とデジタル化されたプロセスにより、デジタルテクノロジはプラントの効率を改善でき、コストを増大させる予期しないダウンタイムや品質問題のような弱点を減らすことができます。また、お客様と市場の変化するニーズにいっそう速やかに応えることのできる柔軟性とスケーラビリティも改善できます。

タイヤメーカは、これら3つのデジタルソリューションを活用してコスト面で競争に打ち勝ち、より複雑な生産を管理できます。タイヤ製造で競争に打ち勝つ方法と、デジタルソリューションがどのように再構築できるかをご覧ください。

評価するのに時間がかかってしかたがないほどの、たくさんのデジタルソリューションがあります。そこで、最高かつ最短ですぐにビジネスに影響を与えることのできる3つのデジタルソリューションを見てみましょう。

分析

分析ソフトウェアは、生の生産データを従業員が最大の課題を解決するのに役立つ洞察に変えます。

予期しないダウンタイムの予測はそのよい例です。予測分析ソフトウェアは、ミキサ、押出機、タイヤ成型機械のような重要な資産からデータを収集し、故障に先立って発生するパターンを学習できます。その結果、ソフトウェアがパターンを検出すると技術者に通知するので、技術者は問題に対応できます。

ダウンタイムを削減し、避けることができるだけでなく、不要な修理に費やす時間と費用も削減できます。

品質は、分析ツールがパフォーマンスを改善できるもう1つの分野です。ソフトウェアはタイヤ成型過程のばらつきを発見することができ、オペレータが確実にレシピに従ってタイヤを製造できるように支援できます。

MES

柔軟かつデジタル化されたタイヤオペレーションは市場の需要にすぐに応え、最新の製造実行システム(MES)がその対策の鍵を握ります。

MESは、オペレーションをプラント全体とグローバルなビジネスシステムと接続できます。これにより、担当者は仕掛品(WIP)の更新のような作業でリアルタイムの洞察を利用することができ、プラントでより迅速かつスマートな決定をすることができます。

また、MESはすべての労働者が(最低限の生産経験しかない労働者でさえも)高品質のタイヤを提供できるように支援できます。それは、各生産プロセスを通じてオペレータを導く拘束力のある作業指示のようなキーとなる機能のおかげです。それによりオペレータはタイヤを仕様通りに製造できます。

タイヤミックス、消費者需要、人材の問題が転換期にあるときに、MESはお客様が機動性を損なわないように支援できます。例えば、ペーパーワークを削減するためにデータ収集を自動化でき、原材料の消費から不良製品までのすべてを追跡できるようにします。

デジタルツイン

デジタルツインは製品、機械、プラントのような物理的な資産の仮想的な複製で、時間の経過による摩耗と擦り切れのような状況および資産のパフォーマンスを模倣できます。

ライフサイクル全体にわたってタイヤ成型機械のような資産に、デジタルツインがどのような価値をもたらすことができるのかを見てみましょう。

機械を設計するときに、デジタルツインを使用して期待通りに動作するかどうかを検証します。次に、実際に現場に展開する前にデジタルツインを使用して仮想的に機械を試運転します。これで、立上げの遅延につながり、コストが高くどたん場で発生する統合問題を避けることができます。

立上げの後も、デジタルツインを使用してオペレータを仮想的にトレーニングできます。これにより、オペレータは理想的な状態で生産を実行する方法を学習することができ、一方、実際の設備では再生することが困難なシナリオに対応する方法も学ぶことができます。

その後、機械が稼働すると、デジタルツインは拡張現実(AR)環境で問題の診断を支援できます。また、デジタルツインはプロセスの変更を実装する前に試験するのに使用することもできます。

パフォーマンスの向上

デジタルソリューションは、生産担当者がプラント全体で優れた決断をするのに役立つ新たな洞察力をもたらします。プロセスの変換を支援し、ダウンタイムを削減する一方、タイヤ製造のスピードと品質を最適化します。また、デジタルソリューションはお客様にさらに大きな柔軟性を与えることができ、目まぐるしく変化するタイヤ業界の最先端で常に活躍できるようにします。

ここをクリックして、タイヤ製造で競争に打ち勝つ方法と、デジタルソリューションがどのように再構築できるかをご覧ください。


Dan Paul
Dan Paul
Global Industry Manager - Tire, Rockwell Automation
Dan Paul
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

 

お客様へのご提案