Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

クラフトビール醸造所: 生産性のために創造性を犠牲にしますか。

クラフトビール醸造所は、珍しいビールや季節限定ビールなどの素晴らしいレシピを作り出すアーティストです。

クラフトビールの良さはその独創性にありますが、それは固有の生産性の課題を示しています。生産性は、同じことを何度も繰り返す再現性から生まれます。しかし、それは本来、クラフトビール醸造所の仕事ではありません。

では、醸造所はどうしたら生産性を損なうことなく、創造的なプロセスをサポートできるのでしょうか。

醸造責任者に適切なツールを提供し、極めて優れた性能を発揮するスケーラブルな醸造制御システムを使用することです。そうすれば、見栄えもよくなります。地ビール醸造所が醸造システムの一部を愛好家に公開することは、珍しいことではありません。

創造性は標準化できる

レシピは変更される場合がありますが、醸造責任者は優れたクラフトビールを効率的に一貫して醸造できます。これは重要なことですが、少量生産でもこれを行なうことができます。

これには、信頼性の高い醸造システムに、醸造所が創造性を発揮し、既存レシピを修正し、新たな醸造スタイルを試すことができる柔軟なレシピ管理および制御システムを組み合わせる必要があります。

直観的なユーザインターフェイスは重要です。それによって、コンピュータプログラマがいなくても、非技術系のユーザがシステムを理解できるためです。醸造プロセスに精通していれば誰でも、インターフェイスを操作してクラフトビールを素早く醸造できます。

今や、醸造所は複雑なシステムを理解するのではなく、クラフトビールを作り出すことだけに専念できるため、これは業界を変えつつあります。

効率的な醸造制御システムによって、クラフトビール醸造所がプロセス制御をどれほど大幅に向上させることができるかを示すいくつかの例があります。

  • フルセイル醸造会社は、高度に自動化された醸造システムに移行することで、サイクルタイムが50%短縮され、生産量が25%増加しました。また水の使用量も年間100万ガロン削減されました。
  • レイクフロント醸造会社は、新しい充填機器によって歩留まりが向上し、スループットが増加し、生産速度が50%向上しました。生産の切換えも素早く行なうことができるようになりました。

クラフトビール醸造市場は拡大し続け、現在、米国だけで4,000以上のクラフトビール醸造所があるため、醸造所は増え続ける需要を満たすためにオートメーションに注目しています。もはやオートメーションを、創造性を奪うものと見なすべきではありません。

標準的なプロセス制御ハードウェアおよびソフトウェアプラットフォームに醸造、瓶詰め、および梱包などのシステムを統合しても、優れたビールを作るために必要な技には影響を与えません。

実際にはその逆で、プロセスから勘を排除すると、醸造責任者は重要なこと、つまり醸造の技に集中するためにもっと多くの時間を使うことができます。


Mary Burgoon
Mary Burgoon
Market Development Manager, CPG Industry, Rockwell Automation
Mary Burgoon
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ