Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

ビッグデータには大きな視覚化が必要

データへの前例のないアクセスは、大規模な工場では1日当たり1TBもの情報の表示方法を文字通り変更する必要があることを意味します。

その1TBには、製品マニュアル、コード、PID図、ユーザーズマニュアル、レシピ、メンテナンスマニュアル、および共同のディスカッションがすべてマルチベンダー環境で含まれています。

今日のディスプレイが将来このニーズに対応すると想定するのは非現実的です。

ビッグデータには大きな視覚化が必要です。

拡張現実(AR)、無限の可能性

産業用モノのインターネット(IIoT)に対応したヘッドマウントデバイスと拡張現実(AR)の可能性は、生産性を向上させる大きな機会を提供します。

ARテクノロジは、コンピュータで生成された画像をユーザの現実世界の視覚に重ね合わせます。IIoTに関する議論の多くは、接続されたデバイスのデータとそれが可能にする意思決定に焦点を当てていますが、多くの企業はこれを将来の状態と見なしています。

ARは、コネクテッドエンタープライズのメリットを実現するために、これらの企業を前進、高速化するのに役立ちます。そして、ここに理由があります。物理世界とデジタル世界を統合することで、産業活動、フィールドワーク、さらにはトレーニングの見方が変わります。

スマートマニュファクチャリングを可能にするスマートデバイスについて話すとき、それはそれが一緒になる場所であり、仮想世界と現実が出会う場所です。機械やラインの状態を評価したり、タスクを実行したりする機能は、文字通り目の前にハンズフリーで表示されます。

ARとiPhone

ARは、iPhoneの発売がモビリティにあったのと同じくらい製造に影響を与えます。

モビリティの基盤であるタブレットや携帯電話でさえ、診断と修理が必要な機械の前にいる技術者に限定されています。生産ラインがダウンしたとき、その会社には毎分数万ドルの費用がかかりますが、高速かつ効率的に作業するために両手を自由にする必要があります。

ARを使用すると、サービス技術者は、事前に特別なトレーニングをしなくても、接続されているデバイスまで歩き、ステータスを評価し、修正方法を示すことができます。

指示、チェックリスト、またはビデオによる指示は、必要なときに必要な場所で提供でき、効果的に「ジャストインタイムのトレーニング」を行なうことができます。そして、企業がコネクテッドエンタープライズの価値を実現するのに役立ちます。

私たちの会話は、より良い意思決定のためのデータの生成と分析から、ユーザが期待する方法でそのデータをより利用できるようにすることへと移行していきます。

将来の人材にとって、これは人々の訓練方法、彼らの運営方法、彼らができること、そして彼らがそれをどのくらい迅速かつ正確にできるかを変えるでしょう。

最高のニュース:これは業界固有のテクノロジではありません。すべての製造メーカは、スマートマニュファクチャリングの世界でARの恩恵を受けることができます。


Dave Vasko
Dave Vasko
Director of Advanced Technology, Rockwell Automation
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ