Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

ARCフォーラムでのボシュロム社はAutomation Fairを思い起こさせる

新しいイベントについて過去の出来事の文脈に沿って理解を深めようとすると、過去の出来事を思い出すことがよくあります。

そのため、ボシュロム社の主任オートメーションエンジニアであるブラッド・ニューロス氏がARC Industry Forum 2016で、SCのグリーンビルにある無菌レンズケアソリューション施設が最近ロックウェル・オートメーションのPlantPAx分散制御システム(DCS)をどのように採用したかを示しました。これは、去年の秋のAutomation Fairで発表された多くの同様のイノベーションを思い起こさせました。

ニューロス氏はボシュロム社が、ミズーリ州セントルイスのCSIA認定システムインテグレータであるマリスコエンジニアリング社と協力し、プラントのますます古くなった分散制御システム(DCSを置き換えるマスタープランを2012年に開発したと報告しました。これには、混合とユーティリティ用に6つのDCSを備えた2つのフィッシャーポータ制御システムが含まれていました。

これにより、年間約9.5%の量の増加を処理していた施設のプロセス管理、プラントとプロセスのユーティリティ、および大量生産へのリスクが軽減されます。

1980年代初頭に構築されたそのアプリケーションは、製薬、調合、混合、充填、包装、パレタイズ操作を実行し、BioTrue、Renu、PeroxiClear、Sensitive Eyes製品を8つのパッケージサイズと25のパッケージフォーマットで生産します。

ニューロス氏は2月のイベントで次のように報告しました。「主要な目標は、既存のDCSと同様の機能を提供することでした。しかし1980年代に設置された制御システムの元の設計とドキュメントが入手できなかったため、私たちはマリスコ社と協力して、既存の制御システムのリバースエンジニアリング、オペレータとエンジニアへのインタビュー、古いコードのダウンロード、検証と規制への準拠を維持するための新しいアーキテクチャの構築により、新しいシステムの基本設計を行ないました。

生産停止時間をさらに防止するために、ボシュロム社とマリスコ社のエンジニアは、システムごと、タンクごとに新しい制御をインストールして切換えることにしました。

新しいDCSには、生産スケジューリングと電子バッチ記録のための将来のプラントレベルのMESのためのインターフェイスもあります。すべてのレポートと履歴データを印刷する必要がある自動化の見えない島ではなくなりました。新しいPCSは、プロセスネットワークの外部に継続的なプロセスとバッチデータを表示します。

ボシュロム社のグリーンビル工場の新しいシステムアーキテクチャには、FactoryTalk Viewサーバと7つのView SEシンクライアント、FactoryTalk Batchサーバ、Factory Talk Historian、Microsoft SQLサーバ、およびACP Thin Managerリモート・デスクトップ・サービス(RDS)サーバを含む8つの仮想イメージを備えた3つの物理的なHPサーバが含まれます。

また、アーキテクチャには、2台のエンジニアリングワークステーション、データセンターとDCS I/O室の間のCisco Stackwiseスイッチ、すべてのI/Oシャーシ用のデバイスレベルのイーサネットリング、ドメイン認証のためのB&Lビジネスネットワークに接続するための個別のネットワークカード、およびリモートサポートを有効にするための仮想プライベートネットワーク(VPN)接続が含まれています。

一方、グリーンビル工場では、プライマリサーバとウォームバックアップサーバでFactoryTalk Batchソフトウェアの30ユニットライセンスも維持しており、通常、2つのプロセッサの33の生産フェーズで19ユニットを使用して検証済みのレシピを実行しています。また、既製のFactoryTalk Batch概要画面を採用していますが、今後の電子バッチ記録システムから読込まれる注文を開始するためのカスタム画面も開発しています。

さらに、FactoryTalk Historian SEサーバにはFactoryTalk Live Dataインターフェイスノードがあり、PCSのControlLogixプロセッサとスタンドアロンスキッドの両方からデータを収集します。

次に、FactoryTalk Historianソフトウェアからのデータは、DataLinkアドインを使ってExce ソフトウェアにインポートされてから、SQLデータベースはバッチデータ、アラームとイベント、および診断を保存します。レポートは、SQLサーバ・レポート・サービスを使用して行なわれます。これにより、レポートへのWebアクセスが可能になります。

ボシュロム社でのPlantPAxの実装が、その配置の他のインスタンスにどのように対応するかは簡単にわかります。Automation Fairで発表された私のお気に入りのPlantPAx関連ソリューションには、次のものがあります。


Jim Montague
Jim Montague
Executive Editor, Control
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ