Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

タイヤ加硫プレスの効率低下

タイヤの生産で最も重要ともいわれる加硫プロセスは、タイヤを最終形状にする極めて重要な段階です。

しかし、多くのタイヤメーカにとって、加硫機には良い点と悪い点があります。まず良い点ですが、加硫プレスは高価ではあるものの、何十年にもわたって生産的に使用できます。悪い点は、既存のプレスは往々にして旧式の独立した制御アーキテクチャに依存しているため、システムの応答性や柔軟性に制限があることです。

国際競争が激化し規制要件が厳格化して生産需要が高まるにつれ、タイヤメーカは多大な設備投資の価値を増大すると同時に生産を加速化する必要に迫られています。

コネクテッドエンタープライズは、加硫室にとどまらない広範な領域で、費用効率に優れた戦略を提供します。

ロックウェル・オートメーションは、製造環境において個別のオートメーションシステムを連携させことの重要性を長年認識しています。実際、当社のコネクテッドエンタープライズは、何十年にもわたり、統合された制御および情報技術を開発する指針となってきました。現在、プラントフロアの運用技術(OT)とビジネスレベルの情報技術(IT)のコンバージェンス(収束)により、コネクテッドエンタープライズの構想は具現化されつつあります。

これは、タイヤ加硫では何を意味するのでしょうか。

簡単にいうと、コネクテッドエンタープライズは、生産ラインと現場の資産、ユーティリティ、企業ITを連結して、必要な時に必要な場所に状況にあった情報を供給します。これは、タイヤ加硫の場合、重要なデータへのより迅速なアクセスを可能にする新しい方法で既存のプレスを最適化できることを意味します。

ロックウェル・オートメーションの制御システムレトロフィットには、完全に追跡可能な個々のタイヤの記録と、システムのプロセスデータの履歴をキャプチャする情報ソフトウェアアプリケーションを単一のソリューションに組み込むことが可能です。このアプリケーションは、データを状況によりよく当てはめるために、サイクルタイムまたはプラントフロアにある他のデバイス(センサやエネルギー・モニタ・システムなど)からの情報が含まれるように拡張できます。

状況にあった情報を分析することで、タイヤメーカは品質問題や生産中断の原因をより簡単かつ迅速に特定し、解決策を決定することができます。このシステムでは、トレンド、アラーム、レシピデータ、エネルギー消費を含む加硫プロセスの概要に直ちにアクセスできます。このような状況にあった情報により、プレス起動時間の意図しない同期や、関連するエネルギー需要のピークのほか、過剰なアラームや、注意を要する主要なプロセス逸脱が検出される可能性があります。

さらに、状況に沿った情報は、機械のトラブルシューティングを実行する保守要員や、機械の最適化を実行するエンジニアなど、必要な人員がモバイル機器を使用してすぐに入手できます。

セキュアな標準イーサネットのバックボーン上に構築されたロックウェル・オートメーションのソリューションは、完全に構成可能で、簡単に拡張して新しい機能を統合できます。また、他の加硫設備に拡張することもできます。

ロックウェル・オートメーションのタイヤ加硫ソリューションの詳細情報をご覧になり、コネクテッドエンタープライズがなぜタイヤ製造で優れた効果を発揮するかをご確認ください。


Todd Montpas
Todd Montpas
Product Manager, Information Software, Rockwell Automation
Todd Montpas
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ