Loading

ブログ

Recent ActivityRecent Activity

アラーム管理ダッシュボードは、プラントデータを整理およびモニタするための優れたツールです

アラームとイベントの管理は多くのユーザに恩恵をもたらしますが、特にプラント運用の可視化を望むエンジニアやオペレータにとっては有益です。ユーザのタイプに合わせてカスタマイズされた施設の人々は、日常の意思決定とタスクに最も当てはまるアラームとイベントを表示できます。

例えば、食品業界ではオーブンのアラームが常に鳴っている場合は、ユーザに調査を促します。識別できたら、ユーザは問題の原因を特定できます。これはオーブンベルト速度の誤動作である可能性があります。この場合、オーブンベルトの動きが遅すぎると、焼き菓子が燃えてしまい、その塊を捨てなければならなくなります。

人をつなぎ、アラームデータを整理する

ダッシュボードは、同僚の間や人とマシンの間のギャップを埋めるのに便利なツールです。マシンのインテリジェンスが生産性を向上させるため、関連情報を共有可能な洞察に変えます。有用なデータの可能性は無限であり、システム内のアラームの総数、抑制されたアラームの数、重大度、優先度、頻度などの基準でフィルタされたアラームカウント、またはその両方が含まれる場合があります。

アラームダッシュボードは、プラント全体の人々をつなぎ、次にマシンをつなぐことで、視認性を高め、プラントの場所全体で比較や観測を行なうことができます。これらのような洞察は、意思決定者により良い情報を提供し、製造メーカとユーザ間のコラボレーションを促します。

これらのダッシュボードには組み込みの優れたセットアップがあるため、アラームデータの共有は簡単です。例えば、プラントの上位10個のアラームとその傾向を示すヒートマップを考えてみます。そのダッシュボードビューから、ユーザは掘り下げて、どのマシンアラームがいつ鳴ったかを確認できます。

掘り下げ中、ユーザはさまざまなオプションから選択して、チャート、グラフ、ヒストグラムなどのアラームデータを要約できます。さまざまな表示オプションを使用すると、長期にわたる傾向をより明確にレポート、モニタ、および観察できます。

アラームデータと整理ツールにより、データの表示と理解を簡単にできるようになり、ダッシュボードの共有が促進されます。整理するために、ユーザは特定のアラームとマシンに焦点を当て、フィルタを追加および削除して、イベントが発生しているマシンに直接影響するデータのみに注意を集中させることができます。

つながる、始める

アラーム管理情報のダッシュボードを提供すると、ユーザは特定のトレーニングや専門知識がなくても、簡単かつ迅速にデータにアクセスできます。視覚化ツールはInnovationSuiteに組み込まれているため、ダッシュボードをプログラムする必要はありません。

ユーザは時間を節約し、次元や数値の要約など、見たいものを素早くまとめ、平均を求めたり、標準偏差を計算したりできます。次元は、アラームデータのスライスとダイスに使用され、バッチごとのアラーム数やアラーム期間などの詳細を表示することができます。

使いやすさを最大限に高めるために、ほとんどのツールと機能がダッシュボードに組み込まれていますが、上級ユーザは引き続き予測関数を使用して、既存のアラームデータの上に独自の計算またはカスタムフィールドを作成できます。さらに、ユーザはクイックドロップダウンを使用して、データをカスタムサマリテーブル、ピボットテーブル、予測関数に取り込み、構成と視覚化をさらに強化できます。

次の予定

アラーム管理ダッシュボードは、他のすべてのダッシュボードと同様に、ユーザがより簡単で管理しやすいように作成されています。プラントには何千ものマシン、データポイント、作業者が追跡できるため、すべてを理解できるようにダッシュボードを作成します。

オートメーションシステムの状態を常に把握することは、アラームダッシュボードの主要な役割です。また、ダッシュボードで収集されたすべての情報は、ユーザがシステムで持つ可能性のある何百ものアラームを追跡します。

さらなるメリットについて話し合いたい場合は、毎月のニュースレターを購読して、2019年のダッシュボードブログをここでチェックしてください。


Jennifer Kite
Jennifer Kite
Senior Information Software Technical Consultant, Rockwell Automation
Jennifer Kite
購読申込

最新ニュースと情報をお受け取りになるには、ロックウェル・オートメーションのメールマガジンの購読申込をお願いいたします。

おすすめ