Loading

PlantPAx

分散制御システム

Main Image

PlantPAx®システムは、プロセス制御に関する迅速かつ的確な意思決定をサポートします。このシステムでは、お客様のご要望や急速に変化する仕様に迅速に対応できます。最新のシステム・リリースは、デジタルトランスフォーメーション戦略に不可欠な要素として設計されており、運用リスクを軽減しながら、生産性と収益性を向上させることができます。

最新式の分散制御システム(DCS)が御社にどのような効果をもたしてくれるかを再考すべき時代が到来しています。


PlantPAx 5.0

最新式のDCSでデジタルトランスフォーメーションを加速

製造業者にとって、競争力の維持は避けて通ることのできない複雑な課題です。これは、製薬、消費財、食品飲料、鉱業、化学など、すべての業界に共通することであり、絶えず進化するデジタルトランスフォーメーションに対応するには、最新の技術的進歩を積極的に活用することが重要です。

制御室から会議室に至るまで、プロセスシステムのユーザは、予算やリソースの制約と生産性との間でバランスを取りつつ、変わり続ける運用リスクを先取りして削減するという永続的な課題に直面しています。PlantPAx分散制御システム(DCS)を使用すれば、これらの課題に対応し、プラントのすべての領域で実際に生産性を向上させることができます。

プラント全体の拡張性に優れたシステムによって生産性と収益性が向上し、全体的な運用リスクが低減することにより、プラント運用のライフサイクルにプラスの影響がもたらされます。

最新のシステム・リリースにより、以下を導入できます。

  • 設置面積削減:新しいプロセスコントローラが最先端の処理能力と容量によりLogix製品ファミリーの機能を拡張し、PlantPAxアーキテクチャの複雑性を軽減。設置面積を削減することで、ライフサイクル全体を通じたシステムの総所有コストも低減できます。
  • 一貫性の促進:プロジェクト部門では、コントローラに組込まれたネイティブプロセス命令により、個々のプロジェクトやマルチサイト展開に一貫性をもたらす制御戦略アプローチを採用できます。
  • ワークフローの合理化:開発部門では、計装、アラーム、診断システムなどの要素の構成に要する時間やコストを削減することが可能に。オペレータは、安全かつ確実な方法で基盤となる制御ロジックを確認できるようになります。
  • サイバーセキュリティに関するTÜV認定:リスク軽減を推進するため、PlantPAx 5.0システムアーキテクチャは、電子的に保護されたシステムの実装に関するガイダンスを提供する国際規格ISA-99/IEC 62443-3-3に準拠したTUV認定を受けています。
  • 分析に対応:PlantPAx 5.0リリースは、DCSのライブデータと履歴データをレポート作成ツールや分析ツールに簡単に接続できる専用フレームワークを備えています。これにより、拡張実現などの拡張体験が実現し、スケーラブルな分析パッケージとの統合が容易に行なえます。

対応産業の詳細を見る


新しいPlantPAx 5.0の技術的機能に関するビデオ

技術的機能を詳しく解説したデモをご覧ください

PlantPAxの最新リリースは、これまで以上に価値のある技術的機能を提供します。これらのデモビデオでは、最新式のDCSの特定の機能について、オペレータやエンジニアに向けに説明しています。

それぞれのビデオでは、PlantPAx 5.0の画期的な新機能について詳しく解説するとともに、このリリースがどのように運用リスクと生産性・収益性の向上を実現するかをご紹介します。

注目のデモビデオでは、PlantPAx 5.0の新しいプロセスコントローラにネイティブなプロセスオブジェクトのライブラリをご紹介します。その他の技術的機能のプレイリストは、以下に焦点を当てています。

  • 内蔵アラーム
  • 所有権および調停
  • SAMAダイアグラム
  • 命令の使用方法
  • HiHART
  • その他
プレイリストのタイトルを選択すると、すべてのタイトルが表示されます。
プロセス・ソリューション・ユーザ・グループ

業界をリードする毎年恒例のこのイベントは、お客様が日々直面する生産上の課題について考える機会を提供しています。示唆に富む基調講演や洞察に満ちた技術セッション、実地体験ラボを通じて、最新のプロセスオートメーション技術について学んでいただけます。

PlantPAx:最新式のDCS

分散制御システムに対する期待の再考

PlantPAxシステムを主要コンポーネントとして、自動化されているすべての稼動をコネクテッド・エンタープライズに統合できます。この技術は、組織内の生産性促進、効率性向上、コスト削減に貢献します。

最新式のDCSであるPlantPAxは、プラント全体の単一制御システムを提供し、柔軟性を高めることで、より最適なビジネスの意思決定を可能にします。

プラント全体の制御および最適化:PlantPAxシステムは、プラントの主要エリア間で共通のオートメーションプラットフォームを使用してシームレスな統合を実現します。この最新式のDCSは、プロセス制御とディスクリート制御、電力、情報、安全をプラント全体に及ぶ単一のインフラ基盤に統合します。共通のプラットフォーム、シームレスな情報フロー、管理のしやすさ、総所有コストの低減といったメリットが期待できます。当社の高性能アーキテクチャの詳細

拡張性の高いモジュール式アーキテクチャ:PlantPAxシステムは、柔軟性を高める幅広いアーキテクチャのオプションを提供します。同一のプラットフォームを単一のステーションにも大規模な分散型アーキテクチャにも使用できます。データの重複を排除した容易な統合、市場投入時間の短縮、HMIやバッチ管理、データ収集などの拡張可能なシステム機能などのメリットが得られます。設計および実装ソリューションの詳細

オープンかつセキュアな情報対応システム:PlantPAxの最新式のDCSは、オープンな通信規格をベースにしており、バックボーンとしてEtherNet/IPを活用します。そのため、企業全体でリアルタイムの情報を容易に入手して、より適切なビジネス決定を行なうことが可能です。仮想化とモビリティの活用、COTSハードウェアによるIT/OTの収束、最大10%のエネルギー消費の低減、多層防御に対する体系的なアプローチを実現し、より最適なビジネスの意思決定をサポートします。情報保護

柔軟な配備とサポートネットワーク:PlantPAxのDCSでは、お客様のニーズに基づいて最適な実装とサポートチームを選択できます。当社では、システムとその他世界トップクラスのソリューションを実装します。また、お客様がすでに協働関係を構築している現地のプロセス・システム・インテグレータからサポートを受けることができます。


ライフサイクルサービス

運用ライフサイクルのサポート

プラントフロアから管理部門まで、組織はライフサイクル戦略を達成するために、業界を理解するグローバルなパートナシップを必要としています。ロックウェル・オートメーションは、特定分野の専門知識と技術を組み合わせた優れた仕組みを提供しています。お客様が顧客の可能性を広げることができるように、当社はお客様のビジネスの可能性を広げるために、ライフサイクルのあらゆる段階でパートナとして協力します。

PlantPAx DCSは、プロセス制御階層を企業に統合するための全体的な取り組みに影響を与えることを特徴としています。これにより、システムのライフサイクルコストが削減され、運用におけるリスクが低減されます。PlantPAxは、ライフサイクルの各段階に影響を与えます。

  1. 設計:エンジニアリングと標準化を迅速化することで、設計段階で発生する付加価値のないタスクを削減し、代わりに差別化されたより高いレベルの価値をクライアントに提供することに集中することができます。
  2. 構築:立上げを迅速化し、スキッドをより適切に統合することで、プロジェクトタイムラインのクリティカルパスの中断を最小限に抑えることができます。DCSの技術的機能により、グローバル部門は、立上げ段階の問題を迅速にトラブルシューティングし、遅延バインドの変更を柔軟に適用できるようになります。効果的な受入れテストを実行するためのスキッド統合機能とシミュレーションツールは、プロジェクトのタイムラインの短縮に役立ちます。
  3. 維持:設置面積を低減し、近代化パスを簡素化することで総所有コストが削減されるため、保守、運用、近代化が容易になります。
  4. 改善:診断機能、オープンアクセス、分析、最適化ツールを使用した拡張機能により、企業の改善を促進します。

DCS移行

旧式DCSのリスクへの対処

DCSは、「プロセスの頭脳」であり、プラント内の多数の機器をモニタし制御することで、高品質の製品を常に予定通りに生産することができます。機器が老朽化するにつれ、部品調達やサービス、旧式技術による生産性低下の可能性、ダウンタイムのリスク増大に関する問題が生じる可能性が高まります。ロックウェル・オートメーションは、PlantPAx DCSにより制御システムの近代化をお手伝いします。


バッチ制御およびFactoryTalk BatchPlantPAx DCSの一環として導入

絶えず変化する今日の製造環境には、多くの課題があります。競争力を獲得するためにコストを抑制し、リスクを低減し、あらゆる機会を捕らえる必要があります。多くの企業にとっては、妨げとなっている生産現場の非効率性を大胆なアプローチで排除する必要があることを意味します。そのためには、情報に基づく意思決定、データによる非効率さの発見、および相当な共同作業が必要です。実際、急速に発展する今日のテクノロジを採用する組織は、新たな競争上の優位性を見出そうとしています。

FactoryTalk® Batchは、コード、レシピ、フェーズ、およびロジックの再利用をサポートする、効率的で一貫した予測可能なバッチ処理を提供します。企業全体のアーキテクチャから複雑な単一ユニットアプリケーションまでの柔軟性を提供する実績のあるテクノロジを、ISA-88規格と組み合わせています。また、プロセス全体に1つの制御・情報システムを適用して、生産能力と製品の品質を向上させ、エネルギーと原材料を節約し、プロセスのばらつきや人的介入を減らすことができます。

メリット

  • サプライチェーンの最適化
  • 立上げ時間の削減
  • 一貫性の徹底
  • 成長の機会

設計および導入ツール

当社製品の構成や利用に役立つツール

PlantPAxのDCSは、設計および構成プラットフォームの進歩を有効活用します。PlantPAx System Estimator (PSE)を使用すれば、要件に基づきアーキテクチャを素早く構築して検証できます。PSEウィザードは、Integrated Architecture® Builder (IAB)の一部です。

PlantPAx System Estimatorをダウンロード システム構成ツールの詳細
今すぐロックウェル・オートメーションのコンサルタントに相談しますか?

当社は業界の専門知識を提供して設計や実装を支援し、お客様の自動化のための投資をサポートします。

おすすめ