Loading

コネクテッドエンタープライズ

スマートマニュファクチャリングの活用

Main Image

スマートマニュファクチャリングはデジタル変革の出発点となるものです。接続性の高いスマートデバイスにより、プロセスの可視性は大幅に向上します。データと分析によって効率的かつ迅速な意思決定が実現し、シームレスな接続性が新たなコラボレーションを促進します。ビジネスを根本的に改革しうるリモートモニタおよび分析サービス。

これらをすべて実現するのがコネクテッドエンタープライズです。工場レベルと全社レベルでネットワークを統合し人とプロセス、技術を安全につなげます。


デジタルトランスフォーメーション

データプロセスやデジタル化プロセスの改良でビジネス改革

データへのアクセスを向上させて新たな洞察を得ることができれば、ボトルネックの低減、需要ベースの意思決定、保守の改善につながります。デジタル化の推進によってダウンタイムが低減し収益性が増大します。例えば、デジタルツインを採用すれば、機械設計を最適化することや、生産上の変更を実装する前にテストすることができます。コネクテッド製品やサービスは新たな収益源をもたらす可能性を秘めています。

デジタルトランスフォーメーションに必要な技術はすでに存在します。コネクテッドエンタープライズのあり方を変える方法をご覧ください。


スマートマニュファクチャリング

各自に適したコネクテッド技術および戦略

スマートマニュファクチャリングと産業オペレーションは新しい方法を積極的に採用しています。この高度に接続された新たな環境では、デバイスやプロセスを継続的にモニタして最適化することが可能となります。

スマートな運用には、分析やモバイル性、協調マシンまで画期的な技術が必要です。こうした技術は互いに連動して、内外の状況に順応します。また、柔軟かつ効率的で反応がよく安全な操業となるようにこうした技術を最大限に活用する新しい戦略も必要です。

コネクテッドエンタープライズを実現するための新しい技術や戦略をご覧ください。

世界の製造メーカは、デジタル化による平均2.9%の年間収益の増大と3.6%のコストの削減を見込んでいます。

(PwC 2016 Global Industry 4.0 Survey)

事例

コネクテッドエンタープライズの実践

多くの組織がすでにコネクテッドエンタープライズを実現しています。ネットワークを統合して、共通の生産プラットフォームを構築し、前例のないデータへのアクセスを可能にして、以下のようなビジネス成果を達成しています。

  • 年間4~5%の生産性の向上
  • 無駄の削減による大幅なコスト削減
  • 市場投入までの時間の短縮(プラントの運用準備期間を月単位から週単位に短縮など)
  • 品質の改善による欠陥品の半減
  • 納期遵守(オンタイムデリバリ)が82%から98%に向上

コネクテッドエンタープライズの成功事例をご覧ください。


コネクテッドエンタープライズの実現

自動車

産業用モノのインターネット(IIoT)を活用します。オートメーションと情報の統合を通じて、自己認識型機器や協調ロボットといった生産性を高める新たな革新技術が実現しています。

食品飲料

食品飲料メーカの場合、コネクテッドエンタープライズを実現すれば、消費者の好みの変化に素早く対応できるようになります。

石油&ガス

石油およびガスといったダイナミックな業界では、生産環境全体における効率性の向上が求められ、その実現に向け常に新しい方法を模索しています。この現状に大きな変革をもたらすのがビッグデータの統合です。

鉱業、金属、およびセメント

採掘会社の場合、鉱山がネットワーク接続されれば運用効率の改善と安全リスクの軽減、意思決定力の向上が見込めます。

ライフサイエンス

ライフサイエンス業界の場合、モノのインターネット(IoT)やネットワーク統合、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、分析、モビリティなどの革新技術を活用することで効率的な運用が実現します。

廃水処理

廃水処理会社の場合、制御と視覚化を1つに統合したシステムを活用すれば、設計時間の短縮が見込めます。また、高度なネットワーク機能と診断機能を使用してプロセス制御を向上し、さらにはプロセスデータへのアクセス向上に伴い、予防保守と予知保全も改善します。

今すぐロックウェル・オートメーションの専門家に相談しますか?

当社は業界の専門知識を提供して設計や実装を支援し、お客様の自動化のための投資をサポートします。