IOリンク技術

IOリンク技術は国際的なオープン・スタンダード・プロトコルであり、これを活用してIOリンク・マスタ・モジュールにIOリンク対応デバイスを接続し、コネクテッドエンタープライズにセンサを統合できます。これによってセンサからのデータを制御システムに直接送信できるため、非常に効率的です。IOリンク技術に対応した柔軟なセンサを使用すれば、コントローラに診断情報が提供されることで、より効果的な機械動作が実現します。センサは製品検出のほか、機械の状態に関する詳細かつ正確な情報の提供も行ない、稼働時間と生産性を向上させます。

IO-Link対応センサには高度な機能や診断ツールがあり、これらはIO-Linkマスタモジュールからのみアクセスできます。これらのセンサはIO-Link対応制御システムと接続していない場合、標準的なセンサとして機能するため、同じセンサを仕入れておき標準的なI/O (SIO)アプリケーションとIO-Linkアプリケーションに使用することができます。そのため選択が簡単で在庫コストも削減できます。

IO-Link技術のメリット:

  • 在庫コストと運用コストを削減
  • 稼働時間/生産性が向上
  • 設計、設置、セットアップ、メンテナンスが簡単
  • 柔軟性と拡張性が向上

製品

資料

ビデオ

構成ツール